2017年5月 1日 (月)

中小事業者のクレジット・リース被害について

 平成17年5月に私が呼び掛け人となって全国で初めてリース被害に対して救済を図るため、「リース被害京都弁護団」」が結成され、それ以降同弁護団の事務局長を務めている。なお、主として零細中小企業を狙った悪質な契約はリースにとどまらず、クレジット契約における被害も見られるようになったことから、現在では名称を「リース・クレジット被害京都弁護団」と改称している。
 リース被害、クレジット被害におけるその特徴は、悪質な業者が、零細な中小事業者がそのターゲットとしていることである。
 まず、リース被害については、リースそのものを規制する立法がない。事業者でなければ、法定の期間内であれば、特定商取引法のクーリングオフを主張して、契約を白紙撤回できるが、特定商取引法におけるクーリングオフは、営業もしくは営業のために締結した契約については適用がされないため、零細な中小企業が締結したリース契約についても、特定商取引法の適用が除外されるという結論となりやすい。
 この点についても、当弁護団は様々な主張を展開し、悪質なリース被害における営業もしくは営業のためという概念の限定解釈を主張してきたが、裁判所は理解を示すところとはなっていない。むしろ、条文を拡張解釈し、単なる「事業」でも足りるとして、全く営利事業を行っていない宗教法人についてまで適用除外を認めた裁判例すら存在するほどである。
 リース会社は、自分の営業部隊を持たず、各悪質な販売店が契約の締結、交渉をとりまとめ、顧客との契約関係はリース会社との間にしか存在しないこととなる。
 各販売店は、リース会社から商品の売却代金を一括で支払ってもらい、リース会社はこれにリース料率を乗じたものを毎月リース料として請求することになる。
 リース会社は、直接契約の締結は行わず、訴訟においては、販売店がしたことは「自分は知らない」といいさえすれば勝訴できるという構造にあり、現に以下に述べるような主張立証を尽くしたとしても、敗訴に至ったケースは多数存在する。
 リース会社に対して主張できる構成としては、悪質な業者がリース会社の代理人であるとし、業者の行った行為がリース会社にも主張できるとする構成が考えられるが、裁判所は様々な証拠を尽くして説得をしても、ほとんどこの主張を採用しない(市民感覚からすれば、どうして認めないのかとなるであろう)。
 同じ理由で詐欺、錯誤を主張しても、リース会社はそれを知りようがないという理由で敗訴することが大半である。
 悪質な業者の行っている行為をリース会社が知ることが可能であったとして、最高裁の規範を用いて一部勝訴した事例もあるが(その判決は京都弁護団が取得している)、我々弁護団からすると、「知ることができた」時期が遅すぎ、救済されないという思いがある。
 この裁判所の壁をどう突き崩すかということが非常に重要である。
 クレジットの場合は、業者と顧客との間には商品の売買契約があり、その売買代金を信販会社が立替払をする契約を顧客と締結していることになる。これは二つの契約が存在するが、事業者が契約を締結した場合には、業者と顧客との間の売買契約において、顧客が業者に主張できる事実があったとしても(詐欺、錯誤など)、信販会社にはその事由を原則主張できないというのが裁判所の考えである。
 これについても、最高裁の規範で、信義則上残りの割賦代金の支払を信販会社が請求することが認められない特段の事情がある場合には、請求が認められないというものがあるが、特段の事情の主張立証責任は顧客側にあり、私の知見の範囲では、具体的事例でこれが認められた事例は知らない(もしあるのであればご容赦願いたい)。
 この問題について書くと、一冊の本が書けるほどであるので、この程度にするが、問題としては、リース契約される商品自体の価値がほとんど無価値なものでも数百万円のものとしてリース会社の審査が通っていることもあげられよう(クレジットも同様)。
 このように、中小企業が締結した契約は、法律による規制がないため、簡単に解決できるものではないという理解を持つことが重要であり、安易にリース契約やクレジット契約を締結すべきではないのである。
 仮に、こうした契約において、簡単に解決ができるというような説明をする弁護士がいるとすれば、その弁護士は事業者のリース契約やクレジット契約についての知識が全くといっていいほどないから、依頼する前によくよく検討した方がいいというのが私の考えである。
 もちろん、京都弁護団としては、裁判所が上記のような考えでいるとしても、それを打破すべく、今後も事業者のクレジット・リース被害撲滅のために、訴訟において主張立証を尽くしていくことには変わりがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

弁護士にとってのゴールデンウィーク

 前にも書いたが、弁護士にとってのゴールデンウィークは、起案する期間であったり、記録の読み込みをする時間であったりする。

 私自身も、連休中にする仕事を今から上げているが、新件の記録の検討2件(関連して検索した判例の読み込み)、引き継いだ記録の検討1件、準備書面2つ、尋問事項の作成が最低ラインである。
 5月の1日と2日を休むという優雅な事務所もあるかもしれないし、ないかもしれないが(村上春樹風)、少なくとも私には休むという選択肢はゼロ~(ニュースゼロ風に言ってください)である。
 1日と2日も打合などで既に詰まっていて、ここでは書面作成などはできないので、結局、連休をつぶすことになる(全てではなく、何日かは休みたい)。
 最低ラインをできるだけこなして、先の事件の検討も済ませたいところであるが、仕事が嫌いかと言われれば好きであるので、嫌なことを渋々している訳ではないだけマシであろう(中には嫌いな仕事がない訳ではないが、全般的という意味。)。
 連休にフェィスブックなどで出かけている弁護士の姿を見ると、「優雅やなあ」と思ってしまうが、きっと私などより儲けられているのであろう。
 みなさん、よい連休を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

本日、明日と東京出張。

 日弁連の会議出席のため、本日午後からと、明日は終日東京に出張である。

 委員会活動でり、「大変ですね」と言われるのだが、好きでやっていることである。
 日弁連に行くと、全国の法律相談の状況が分かり、非常に面白いのである。もちろんそのために後日土日働いたり、犠牲がない訳ではないし、自分が儲かる訳ではないのだが。
 委員会活動をしない人は、何か一つ一生懸命やってみてはどうだろう。
 事件をしているだけでは得られないものが得られると信じている。
 また、委員会活動に積極的な人は仕事もできる傾向にある(しない人ができないわけではないが)。
 東京にいっても、霞が先と東京駅を往復するだけで、行ってみたいところもあるにはあるが、無理をして行く訳でもなく、何をするわけでもないのが私の面白みのないところではあるが、時間がないので、致し方ないと諦めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

読書日記「難民問題」

中央公論新社。墓田桂。

 EUに押し寄せる難民や、シリアの現状、その他の難民問題について、200頁少しにコンパクトにまとまっている好著である。
 現在、難民を受け入れることを拒否し、自国中心主義を掲げる政党がなぜ支持を得ているのか、これを読むとその背景がわかる。
 人道主義・理想主義の限界とその中でいかに難民を救うべきか、著者は、この書籍が「葛藤」によるものだとあとがきに書いているが、理想主義を述べるでもなく、かといって難民はもう保護しなくていいという立場でもなく、現実にどのようにすべきかということを苦しんで議論されていると感じた。
 難民の受入に対して、人道主義的にリスクがあっても受け入れるべしという議論がされることがあるが、その場合に、自国の国民がさらされる問題についてどう考えて行くべきかということは、感情的に難民は救護すべきだという考えだけではどうにもならないことを考えさせられ、暗澹とする一冊である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

寝落ちだワン

Dsc_0030_2寝落ちする小次郎(二代目)。
同じ体勢なのが面白い。
以上です。

Dsc_0029

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

ゴルフスタジアム被害について

  私が事務局長をしているリース・クレジット被害京都弁護団からのお知らせです。
 リース・クレジット被害京都弁護団は,平成17年頃から被害が多発した電話機リース被害救済のために,京都弁護士会の有志で発足した弁護団であり,その後,中小企業や零細個人事業者をターゲットにした同様のクレジット被害,ホームページリース被害やキャッシュバック事案などの救済に向けて活動し,現在は「リース・クレジット被害京都弁護団」という名称で活動しております。
 
  さて,最近,マスコミ報道等もされている「株式会社ゴルフスタジアム」というゴルフ関連会社(以下,「GS」といいます。ゴルスタと略されることもあります。)に関する被害が起きています。被害の内容は,「無料でホームページを作りませんか,ホームページに,ゴルフスタジアムの広告を貼らせてもらえれば,広告費として,クレジット・リース代と全く同額のお金を支払うので,クレジット・リースの支払いは一切かからない」などのセールストークを用いて,ゴルフ練習のソフト(DVD)を,金額に見合わない高額な金額(概ね300万円以上)でクレジット・リース契約が締結されていました。GS被害について,弁護団に入っている情報によると,全国各地に被害者が多数おられ,被害が顕在化しているようです。
  当弁護団としては,GS被害は,被害者の属性が純粋な消費者ではなく,形式的には事業者ですが,被害の実態は消費者被害となんら変わらないと考えています。また,GS被害の特徴は,勧誘文言とクレジット・リース物件に齟齬があること,また上記セールストーク自体が詐欺的文言の可能性があること,知識のない被害者をターゲットに高額な契約をさせられている被害事案であることから,適切な被害者対応が求められる事案であると思います。
 
  GS被害については,全国にあるリース・クレジット被害救済を目的とした弁護団を中心に受け皿ができつつあり(一部地域を除く),当弁護団でも,弁護団としてGS被害に対応していくことになりました。つきましては,このブログを読まれた方で、GS被害に関するご相談があり(あるいはご本人が被害者),その対応・処理につき困られている場合は,当弁護団にご連絡いただければ対応させていただきます。
 
  連絡先は,以下のとおりです。
      リース・クレジット被害京都弁護団
                      事務局長 弁護士 中 隆志 
                      電話:075-253-6960
 お電話いただければ、ご相談の手順をご説明いたします。
 相談料は無料です。
 基本的に京都弁護団は京都、滋賀の被害に対応する予定ですが、それ以外の地域はお問い合わせいただければ情報提供はいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

1日の予定

 企業などでは上に行けば上に行くほど多忙になるという話を聞くが、法律事務所も似たようなものである。

 若いモンに仕事をやらせて、自分は悠々自適で好きな事件だけ手がけるなどというのはベテラン弁護士の描く妄想であるが、ほとんどは妄想に過ぎない(弁護士以外に不労所得がある人などは除く)。
 零細事務所であると、全ての事件の報告を受け、時には事務所の他の弁護士の主任事件に立ち会うなどしつつ、自分単独でやっている事件もしないといけない。
 これはおそらく、地裁の民事の部長も同じようなことであろう。部長が一番忙しいといわれるゆえんである。
 弁護士に話を戻すと、あとは当然、経営者として経営のことも考えないといけない。
 これに委員会活動などが入って来ると、1日の予定は相当なものとなる。
 
 私の1日の予定は、平均すると4~6程度である。何も予定がない日などない。前にも書いた気がするが、手帳に何も予定がない弁護士を見かけるが(期日で見えてしまう)、どうやって経営しているのであろうと思ったりしている(不労所得でもあるのかもしれない)。
 予定の隙間に簡単なメールの返信や依頼者への期日報告を書くと、長い準備書面や記録の読み込みはできないので、結局土日にやることになる。若い頃より仕事の速度が落ちたことも影響している。
 1日の予定が2つくらいだと書面が書けるので嬉しいが、仕事があることはありがたいことであるので、愚痴はいいたくないが、人間はないものねだりで、予定が詰まっていると、もう少し暇が欲しいと思い、暇だともう少し忙しくならないとなと思うのである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

修習生の顔つき

 昔の修習生(主として旧司法試験時代)は、いろんな経歴の人がいたので、社会人も経験していたりするので、バッジがないと弁護士か修習生か分からない人もけっこういた。

 ただ、私などは、昔の写真を見てみると、学生のような責任感のない顔つきである(5回生相当で合格したので、一浪して社会に出たのと同じだから、学生のような顔立ちであっても仕方ないが)。
 私の修習時代の師匠である札幌の渡辺英一先生は、4月に登録した時はそれでも皆弁護士としておどおどしていて、「ああ新人だな」ということが分かったものだが、それが半年もして9月になると弁護士らしい顔つきになってくるのだということを言われていた。「カム・トゥ・セプテンバーさ」と言われていた。
 法科大学院制度が始まって、当初は大半が合格するという触れ込みであったので、最初の頃は様々な経歴の人が入学していたようであるが、合格率の低迷とともに中々人生をかけるという人が減ったのか、少し経過して以降、様々な経歴の人は減り、修習生が皆若くなった印象である(低迷は法科大学院を乱立したことが原因であるのだが・・・)。
 そうすると、修習生の顔つきはかつての私のように、やはり責任感のない顔つきが多くなってきた印象である。学生上がりなので、仕方ないであろうとは思っている。
 弁護士と修習生の顔つきのどこが違うかというと、弁護士の顔つきは(そうでない人もいるにはいるが)、やはりプロの顔をしているので、最近は修習生を弁護士と間違うことはほぼないのである。
 私は一応プロであるが、かつての自分を忘れて、修習生の学生のような責任感のない顔つきを見て、「こいつら大丈夫かいな」と思ったりしているが、かつては私もそう思われていたのであろう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

呼んだかワン?

 横に座っていたので、用事もないのに呼ぶと、「何ワン?」という感じで耳をぺたっとして見上げてくる小次郎(二代目)である。

 小型犬は、うまいことできている。遺伝子レベルでなせる業であろう。
Dsc_0006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

庭の桜

 日曜日に撮影したものだが、庭の桜の花が咲き出した。

 もう一本あるソメイヨシノは、栄養が足りなかったためか、花が4つほどしか咲かず、そのため撮影は断念。
 この桜は確かヤマザクラで、咲き出すのが少し遅い模様である。
 月曜日の雨で、散ってしまうであろうことが残念である。
Dsc_0015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«読書日記4月17日