2020年5月29日 (金)

アゲハの幼虫

Dsc_0281

 庭のミカンの木にアゲハの幼虫がいた。少し見づらいが、鳥のフンのように見えるのが幼虫である。
 これは、鳥に食べられないよう、フンに擬態しているのである(食事中の方すいません)。
 この状態から、よく知られるところの緑色の幼虫になる。
 そして、最後はサナギになり羽化してチョウチョとなるのであるが、サナギの間は動けないため、ミカンの木からどこかに移動して襲撃を受けづらいところでサナギとして羽化を待つ。
 なので、木にはサナギの状態でのアゲハを見ることはほとんどない。

 無事に成虫になってもらいたいものである。

| | コメント (0)

2020年5月28日 (木)

電車の中にて

 朝の通勤電車や、朝、駅でお酒(ビール、ストロング系、ワンカップ)を手に持って飲んでいる人がいる。
 朝からお酒というのはどういう状態なのであろうか。
 
1、休日で、徹夜して飲んで、そのまま足りないから飲んでいる。
2、仕事はあるが、アルコール依存症で、飲んでいく。
3、無職で暇なので、朝から飲んでいる。

 くらいであろうか。

 昔の法廷では、明らかに飲んできている弁護士もよく見かけたが、最近はさすがに見なくなった(お亡くなりになったり、弁護士を辞められたはずである。)。
 どうも、お酒を飲まないと法廷にいけないようであった。

 旅行などで昔は朝からビールを飲んでいる弁護士もいて、付き合わされたが、私はあれが苦手で、途中からは「朝からは飲まないことにしています」と言って断っていた。
 弁護士の知人などに聞いていると、「休日は昼間から飲んでいる」というものもいる。
 5時を過ぎると、冷蔵庫からビールを出してきて、飲みながら書面を書いているという弁護士もけっこう昔は多かった。

 私も酒は好きだが、事務所内では飲まないし、外でも家でも夜しか飲まないので、健全な方かと思っている。

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

読書日記「猫を棄てる 父親について語るとき」

 文芸春秋。村上春樹。

 村上春樹の短編が雑誌に掲載されると買っていたので、これも読んでいたのだが、早速購入して読了。
 他にもこの間いくつか短編を書いていたので、それも掲載されているかと思いきや、表題作だけであった。
 カラーイラスト付で読んでいても楽しい。

 雑誌に掲載されたときとは題名も変わっている。

 父親との関係や村上家のルーツなど、小説ではなく自伝である。
 ただ、昔はよくあったことなのかもしれないが、絶対猫は棄てたらだめである。
 迷い猫を保護して自分のうちの猫にしている知り合いの弁護士がいるが、私はその弁護士のことは「天国に行ける人」として聖人の列に勝手に入れている。
 また、野良猫を保護して新しい家族を見つけてあげる活動をしている祇園のバーの夫妻も「天国に行ける人」である。
 話が逸れたが、村上春樹ファンなら読みたい作品である。

| | コメント (0)

2020年5月26日 (火)

電車の中にて

 帰りの普通の電車の中で、おかきやお菓子をボリボリボリボリ音をさせて食べているいい年のオジサンがいる。
 お腹が空いているのかとは思うが、いい年をしてみっともないと思う。

 また、お菓子はけっこう匂いがするので、それもまた困る。

 高校生がお腹が空いて食べ物を食べているのをホームで見ることはあるが、高校生はホームで食べきり、電車の中で食べているのは見たことがない。

 ああいうオジサン(いや、実は年齢は私と変わらないのかもしれないが)は、どういう考えでボリボリボリボリ音をさせているのであろうか。
 きっと、恥ずかしくないのだろうな。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

今週の小次郎

Img_4930

 洗濯かごに入れられて(自分ではこういうのには絶対入らない)、瞳孔が開いているような感じの二代目小次郎である。
 このあと、すぐに解放された。

 緊急事態宣言は解除されたが、日常はなかなか戻りそうにない。
 そんな中でも、今週も頑張っていきましょう。

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

読書日記「AIの魔女」

 竹書房文庫。ジェームズ・ロリンズ。上下巻。

 アメリカの秘密部隊シグマフォースシリーズの最新刊。
 この著者は、フィクションとノンフィクションを織り交ぜて最新の科学的知見を踏まえた小説を書くので、毎回作品が楽しみである。

 神に近いAIが誕生し、それが人の力によって暴走した時、全世界が危機に陥るという前提で書かれているが、嘘でもない話であり、うすら寒くなるような作品である。

 次回作も楽しみである。

| | コメント (0)

2020年5月21日 (木)

事件によって力の入れ具合を変える弁護士

 私の元ボスは、着手金が1万円の事件でも5万円の事件でも100万円の事件でも、事件として受任した以上、必死に仕事をする人であった(いや、今もとてつもなく元気に生きていますけど、私が勤務していた時代ということで。)。
 私自身、弁護士はそういうものだと思って、元ボスのやっていたように事件に対応するようにしている。

 ただ、事件で相手方となったり、管財人等で他の弁護士の仕事を見ることがあるが、明らかに手を抜いていたり、事務局に丸投げしていたりしている弁護士が一定割合いる。

 訴額の低い事件であったり、債務整理系の事件であることが多いように思う。

 そういう仕事ぶりは、裁判所も見ているだろうし、相手方あるいは関与した弁護士も見ているものである。

 私は酒見先生(故人)という先生の弟子たちが形成している一門に属しているが、その中のある先輩に、「どんな事件でも手を抜いたらあかん。どんな事件でもその人にとっては唯一の事件や。訴額が低いとか面倒とかいう理由で手を抜いたらあかん。それはプロの仕事やない。また、そうした人にも知り合いや親族もいる。きちんとしていたら、そうした人が君のことを覚えていて、何かのときにあの弁護士に頼もうと思ってくれるかもしれん。自分にとってもそうすることがしんどいかもしれんけど、遠いようで近道なんや。」という趣旨のことを言われたこともある。
 肝に銘じて、やるようにしている(人間なので、できないこともあるかもしれないが、歯を食いしばって行こうと思う)。

| | コメント (0)

2020年5月20日 (水)

読書日記「横溝正史ミステリ短編コレクション5」

 柏書房。横溝正史。


 


 横溝正史の作品は小学高学年から大学にかけて全ての作品を読んだ(角川文庫)。
 これは、金田一耕助もの以外の短編コレクションで、5冊とも買ってそのうち読もうと思っていたのだが、たまたまこれがつくねてある本の中で取りやすい位置にあったので5巻から読んだ。
 ストーリーも結論もさすがにほぼ忘れているものばかりであったので、楽しんで読めた。
 鞄に入れて通勤の合間に読むのは重かったが。


 


 ミステリの中では、横溝正史が最も読んでいて肌に合う(チャンドラーはミステリに属するか微妙なので、チャンドラーは除く)。

| | コメント (0)

2020年5月19日 (火)

連絡程度はして欲しい

 破産管財人候補者となったり、個人再生委員になることがある。

 管財人候補者の段階で、破産手続開始決定をするについて裁判所と協議して、補正や問題点を指摘するための審尋が開かれることもある。
 その際に問題点等を指摘して、補正を求めて、それを受けて破産手続を開始する、という具合となるのが通常である。
 ただ、この場合に、突然破産申立が取り下げられることがある。

 補正ができなかったということなのであろう。

 通常は申立代理人からお詫びの連絡を事前にもらう。管財人候補者の場合、ただ働きとなることもある。

 再生委員などでも、取下となることはある。

 しかし、取り下げるについて、何の連絡もない代理人も中にはいる。

 一報くらいは入れるのが、社会常識の範囲だと思うのであるが、どうであろうか。

| | コメント (0)

2020年5月18日 (月)

今週の小次郎

Img_4917

 おもちゃを投げてもらうのを待つ二代目小次郎である。
 オンとオフの切り替えが早い。

 朝散歩に行くと、歩いている人が増えているため、全ての人に対して怒っているので、散歩から戻ると疲れているが、しばらくすると復活する。
 京都の緊急事態宣言解除は見送られましたが、今週も頑張っていきましょう。

| | コメント (0)

«激痛の足つぼ