2020年10月30日 (金)

読書日記「三国志演義 2巻」

 角川ソフィア文庫。羅貫中。

 三国志演義の数少ない和訳の2巻目である。
 いよいよ諸葛亮孔明の登場である。
 
 赤壁の戦いが始まる。

 正史では、諸葛亮孔明の活躍は書かれておらず、また、赤壁の戦いも火計により曹操が敗北したという記載はなく、あっさりとしか書かれていない。正史の記載を総合すると、劉備は諸葛亮を呉に派遣し孫権と同盟を結び、赤壁において両軍が曹操を打ち破った、曹操軍には疫病が流行し、曹操は軍船を焼いて北に逃走した、というところくらいである。
 中国は広大であり、北の兵士が南に遠征したことで、水も変わったであろうし、未知のウィルスにやられたのかもしれない。
 インカ帝国がわずかな手勢のスペイン兵に滅ぼされたのも、スペイン兵が疫病を持ち込んだことが大いに関係していることからすると、曹操軍は疫病でかなりやられていたのかもしれない。軍船を焼いたのも曹操軍が自ら焼いており、的に軍需物資を渡すことを避けたとみることもできる。

 正史ではどうあれ、小説とはいえ、孔明の活躍は読んでいて胸がすっとするのである。

| | コメント (0)

2020年10月29日 (木)

ラスト安納芋

 Dsc_0319

 植えていた野菜の本当のオオラスの安納芋である。
 これも前に植えた時ほど採れなかった。

 こちらについても、芋を植えていることを父親に伝えたので、欲しいであろうと思い、半分分けた。
 買物をしに近くのスーパーに行ったところ、これの倍ほどの安納芋が498円で売られていた。
 苗の価格もそこそこした記憶なので、買う方が安いであろう。
 経済的には庭で野菜を作るのはペイしないのだが、野菜が採れた時の喜びがあるということで、やむを得ないと思っている。

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

ラスト・ナス

Dsc_0269

 今年も庭で野菜を育てていたが、天候不順であまりデキがよくなかった。
 オクラはかなり採れたが、キュウリは全く駄目で、トマトもいまいち。
 ナスだけはまあまあ採れたのだが、これがラストのナスである。
 
 父親がナスが欲しそうだったので、これとこれの前にできていたかなりいい色艶のものをあげた。
 ナスくらい安いものだと思うのだが、人の庭のナスは美味しそうに見えるのであろう。
 土も一度天日干しするなどして、来年はもう少し収穫できるようてこ入れしたいものである。

| | コメント (0)

2020年10月27日 (火)

ガチャンと電話を切る

 クセなのかもしれないが、相手方などで固定電話を放り投げるようにガチャンと切る人がいる。
 本人は切る方なので分からないであろうが、切られた方はけっこう耳に残るし、いい気はしない。

 ガチャンと電話を放り投げられるように切られるのが好き!というようなマニアック人は早々いないであろう。

 私はそれをされるのが嫌いなので、相手にはそれをしないでおこうと考え、電話を切る時は相手が切るのを待ってから受話器を置くか、相手も私と同じような考えで中々切らない人の場合には、手でそっと押して切るようにしている。

 小さいことの積み重ねかもしれないが、そういうことも大切だと思うのである。

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

今週の小次郎

Dsc_0283

 肌寒くなり、犬を毛布で巻く季節がやってきた。
 毛布で巻かれてトロンとしている二代目小次郎である。

 色々と犬的に苦労もあるとは思うが、まあまあいい暮らしではないであろうか。

 10月も最後の週となりました。
 今週も頑張っていきましょう。

| | コメント (0)

2020年10月23日 (金)

お土産

 小学生の時に、伊勢に臨海学校に行った時に、みな伊勢の赤福をお土産に買っていた(お土産として1000円か2000円以内なら持っていってよかったのである)。
 そのときは食べてしまうと記念にならないではないかと思い、これも別に伊勢のお土産でもなんでもないのだが、木刀を買った。私が木刀を買うのを見て、もう1人も赤福から木刀を買っていたはずである(このもう1人木刀を買った同級生も、後に京都大学に合格した。おそらく、私が行っていた小学校で京都大学に行ったのは私とこの同級生の2人のはずである。あの木刀には御利益があったのかもしれない。)。
 持ち帰るのに苦労をした記憶があるが、その後も秋吉台の秋芳洞に中学校の修学旅行で行った時には鍾乳石の置物を買うなどしていた。

 しかし、ある一定の年数を過ぎると気づくのである。
 こういうお土産は、物で買ってしまうと、後に処理に困るということを。

 結局、自宅の自分の部屋があまりにも乱雑になってきたので、大掃除をして捨てる際、使いようもないこうしたお土産の数々は捨てた。何かでもらった賞状なども前部捨てたのであった。中身を見ないで捨てたので、京都大学の卒業証書や司法試験の合格証書も捨てた可能性がある(小学生の時に大阪城の絵を描いて入選して、中之島公会堂で表彰された時の賞状と大阪城のメダルだけは保管しておくことにした。)。
 弁護士になってから使っていた鞄などもいつかまた使うのではないかと思い置いていたのであるが、使うはずもないと気づき、これまた捨てた。
 それでも私の部屋は未読の書籍などで乱雑であることには変わりはない。
 
 なので、小学生の頃に、食べるとなくなる伊勢の赤福をお土産に買っていた大半の同級生は正しかったのであるなあと思い、最近は物はよほどのことがない限り買わないことにして、食べたらなくなるものにしている。
 他人にあげるお土産も同様である。甥っ子はまだ小さいので、物を買ってきたりするのが例外である。

 そのうち、また断捨離したいと思っている。

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

出張帰りの悲しい物語

 先日某県で仕事があった。夕方からの仕事であり、19時40分の特急に乗らないとその日のうちに帰れないという強行軍であった。
 先方には、19時10分には終了してもらいたいと申入をして快諾してもらっていたのだが、質問が相次ぎ、仕事が終わったのは19時23分であった。
 仕事の現場から特急が出る最寄り駅までは行きは20分程度かかっていたので、「もうこれは泊まりやな。コンビニで下着を買うか。」と思っていたところ、共同受任している弁護士(この人はどうしてもその日のうちに帰らないといけなかった)が、「ダメ元で向かおう」というので、駅に向かった。
 駅に着いたのは19時33分。
 あと7分である。

 日常生活で、サッカーの時のようなダッシュをしたのはいつぶりであろう。私より10歳以上年上の共同受任していた弁護士が普段から走っている人でよかった。そうでなければ置いていっているところである。
 改札がどこか迷う共同受任弁護士に「こっちです」と声をかけ、特急のホームがどこか迷っている同弁護士に「●番ホームです」と声をかけて、特急のホームに着いたのは19時36分であった。予め帰りの特急券を買っていなければ間に合わなかったであろう。
 しかし、ホームには弁当も売っておらず、あるのはうどんの自販機である。
 うどんの自販機でうどんを買うか悩んだのだが、仮にうどんができあがるまで5分を要すると私のうどんは自販機の中に置いていかれるし、また、うどんに固執すると乗り遅れる危険がある。
 断腸の思いでうどんを断念し、特急に乗り込んだのであった。

 その特急には車内販売はなく、京都までの乗換駅までは約3時間。
 何かあった時のためにナッツバーを鞄に入れてあったのでそれをかじる。
 帰り道で飲もうと思い、ウイスキーをスキットルで入れていたのでそれを飲みつつ3時間特急に揺られた。
 そこからは新幹線であるが、京都までの乗換駅では売店は全て営業を終了していた。
 
 京都までの間に新幹線では車内販売は来ず(京都直前で来た)、探しに行く気力もなく京都駅に着いた。
 23時30分少し前、京都駅構内のセブンイレブンはまだ開いており、そこで売れ残りのおにぎりを2個買うことができた。
 悲しい夕食である。
 自宅に着いたのは日付が変わった頃であった。

 自宅にこじお先生がいなければ、やさぐれていたであろう。
 こういう時もあるのが弁護士である。

| | コメント (0)

2020年10月21日 (水)

読書日記「緑衣の女」

 創元推理文庫。アーナルデュル・インドリダソン。
 エーレンデュル捜査官シリーズ。

 順番がやや前後して読んだので、これは少し前の作品である。
 建築現場から、白骨化した死体が発見される。
 
 白骨化した死体は男性のものか、女性のものか。
 また、現場で目撃されたという、緑衣を着た女は白骨化した死体と関係があるのか。
 過去と現在が交錯する中で、エーレンデュルによって、過去の悲しすぎる事件が解決される。

 読んだあと、やるせない気持ちにさせられる北欧ミステリーの一冊であった。

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

読書家の苦しみ

 読書が好きな人は、手元に読む本がなくなると苦痛を感じるので、読み終えた後、あるいは読み終えそうな時に次の本が手元にないと本当に困る。
 そのため、次々に本を買い込むハメになる。
 また、読みたい本が絶版になると困るので、欲しいと思った本はとりあえず買うのだが、ハードカバーで買った本を中々読むことができないでいるうちに、文庫版が出た時の絶望感たるや。
 文庫版の方が当然のことながら携帯しやすい。時には、ハードカバーの本を入れて、さらに記録を入れると鞄が重くなりすぎるため、腰を痛めたり、本を読むためにキャリーケースで出勤することもある。
 ハートカバーに関しては、文庫化されるのではないか・・・とグスグズしていると、逆に文庫化されず(文庫化されるためにはある程度売れる必要がある模様)、絶版となり定価より中古本市場で高くなることがあり、「新刊で出た時に買っておけば・・・」と悔やむこともたまにある。
 後は、前に買って未読の本を再度買い込むこともある。とにかくまだ読んでいない本を自宅や事務所で積み上げているので、買ったことを忘れているのである。
 一番の失策は、既に読んだ本を新たに買って読み始めることである。
 この内容は知っているぞ・・と思い自宅の既読の本を入れてある方の本棚を見ると(未読の本棚と、既読の本棚がある)、ちゃっかり棚におさまっていることがある。
 今手元にある未読の本を読み切れる日がくるだろうか。
 なるべく長生きするほかなかろう。

 あっ。またこの本も読みたい。。。

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

今週の小次郎

Dsc_0246

 ソファーでぼんやりと横になっている二代目小次郎である。
 鼻の横のところがぷっくりとしているのがいい。

 10月も19日になりました。
 この調子だと、気づくと年末ということもありそうな日々の速さである。
 今週も頑張っていきましょう。

| | コメント (0)

«読書日記「英雄伝説の日本史」