2017年11月22日 (水)

読書日記「東京と神戸に核ミサイルが落ちたら所沢と大阪はどうなる」

 講談社+α新書。兵藤二十八。
 軍事学の本であると思うのだが、核戦争がどういうものか、どこの国がどれだけ核を保有しているのか、核爆発がどういうものであるのかについてわかりやすく書かれているので、目からウロコの一冊である。
 日本でどこが狙われるのか、それはなぜかについても詳しく書かれている。

 北斗の拳のような世界には現実の核戦争では中々ならないということも理解できた。
 これはお勧めである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

読書日記「悪霊」(上)(下)

 新潮文庫。ドストエフスキー。
 上下巻で1300~1400頁ある長編小説である。

 実際にあった事件をモデルにした小説ということであるが、この小説のすごいところは、最初の350頁か400頁くらいまでは、物語に出てくる人物の説明などで、ほぼ物語が進まないというところである。
 ここで挫折する人がいるというのもうなずけるのである。
 中々進まなかったが、若い頃に文学を読まなかったので、40歳を過ぎてからは意識的にこれを読むようにしているため、そこを我慢して読んだ。
 400頁を過ぎたあたりから物語は進みだし、その後、怒濤のように悲劇が続く。
 暗殺や群衆によるリンチなど、読んでいて気が滅入るほどの悲劇の連続である。
 
 この物語は筆者にとって大切な物語であったが、本来入るべきところに主人公の独白が入れられていなかったり、保管されている原稿によって内容が違っていたりして、そこも難解になっている。
 秋の(もう冬ですが)夜長の読書にいかがであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

けっこうお目々も大きいワン

 初代小次郎と比べると目が小さい二代目小次郎であるが、普段は菅田将暉のように見開いていないだけのようで、何かをじっと見つめる時はけっこう大きい目をしている。

 これは、ソファーで毛布をかぶって横になっている私の足の上に乗っている時に、何かを見つめていたものである。
 寒くなってきましたが、今週も頑張っていきましょう。
Dsc_0003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月17日 (金)

読書日記「弱者の戦略」

 新潮新書。稲垣栄洋。

 自然界においては強い者が勝つのではなく、勝ったものが強いのである-。
 こういうフレーズで、全編、生物が生き残るために、ニッチを求めて、あるいは競争しない食べ物を食するよう進化することで、あるいは小さいオスはメスに化けてハーレムに入り込み、隙を見て交尾をして子孫を残したり、活動時間帯を変える等々をしている具体例が書かれている。
 人生において生き残るために、参考となることが多いと思われ、大変面白かった(私が生物好きということもあるが)。
 なお、小次郎の写真更新のほかは、しばらくサッカーネタ等で読書日記が書けていなかったので、しばらくは読書日記を続ける予定である。
 読書に興味がない人には申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

渡り鳥(と思われる鳥)

 少し前だが、庭で朝に葉巻を吸っていると、この鳥が毎日来ていた。

 私の方を時々チラチラ見ていたので、ある朝にチッチッチと呼んで見たところ、1㍍くらいの距離まで来てくれた。
 私が調べたところ、ムギマキという鳥ではないかと思われる。
 秋に日本に来て、冬は東南アジアで過ごして、春にまた日本に来て夏はサハリンあたりで過ごす鳥ではないかと思うが、鳥類学者ではないので間違っているかもしれない。
 お腹がオレンジで可愛らしいが、渡り鳥だとすると、大変な旅をしているので、私なんかよりよほど苦労していることであろう。頑張って、海を渡って欲しいものである。
Dsc_0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

第30回全国法曹サッカー大会その7

 横浜1のエースは高校選手権の決勝で2得点を取り、日本代表の大迫のチームに勝ったチームのエースストライカーである。

 彼を押さえ込まないと勝てない。
 京都1のバック陣、金岡、冨本、飯田、船岡は必死の頑張りで相手のエースを封じて、中盤でも若竹、後藤、沈、高山が縦横無尽に動いて前半0-0とする。
 前半は、今大会はキーパーに専念している牧野前主将がバックバスを胸トラップして落としたところに、相手のフォワードが詰めてシュート。これは牧野前主将の気迫でホームランとなって助かったのであった。
 後半開始。
 後半から、突如私はチームの指揮を委ねられたが、監督としてもそれなりに経験を積んでいる私と自負する私もびびったが、適宜の交代でチームを有利に導くべく、疲れの見える選手などを交代していった。
 そして。
 左サイドから中央に切れ込んで柏原修習生がシュートし、これが京都1のエース小沼の足に(たまたまと思われる)あたり、絶妙のループシュートとなりゴールに吸い込まれる。
 自分の足を指さして「俺のゴールだ」とアピールする小沼。そのままのシュートコースであれば、敵のバックに当たっていたと思われ、ラッキーな先制点である。
 その後は横浜1の怒濤の攻め。
 ここまで京都1を押し込んだのは、横浜1だけであった。さすが2連覇しているチームである。
 バックが守り、左サイドで張っていた小沼にパスが渡り、左サイドを駆け上がる小沼。
 その時、右サイドをゴール前で守っていた柏原修習生がものすごい速さで駆け上がった。
 小沼から長いサイドチェンジのパス。これが走り込む柏原の足下にピタリとおさまり、相手のキーパーの逆をついて右脇をすり抜けてゴールへの優しいパス。
 2-0である。
 ベンチ総出で大喜び。
 残り時間は約7分。
 残り7分を危なげなく守り切り、9年ぶり3回目の優勝である。
 歓喜に沸く京都チーム。
 京都1、京都2全員でつかみ取った栄冠である。
 毎回の大会で、「京都1が最強やった。京都1とはもうやりたくない。」と言われ続けて早くも9年。とうとう栄冠を取り戻したのである。もう無冠の帝王とは呼ばせないのである(いや、過去2回優勝してますけど)。
 今大会は、京都1が優勝、京都2も19チーム中8位と大躍進をした大会であった。
 来年は京都大会。京都1の2連覇をかけて、また、京都2の8位がたまたまであったと言われないよう、再び精進を続けないといけない(健康のためにも)。
 私自身は、まだまだ若いモンに負ける訳にはいかない、いや、負けてるけどその差を縮めるべく、ダイエットの継続と練習参加を誓ったのであった。
 最後に、素晴らしい大会を運営していただいた広島チームの皆さんに御礼を述べて、今年のこのシリーズを終わりとしたい。
 ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

腕枕だワン

 毛布に頭を乗せてソファーの上で腕まくらをしている小次郎(二代目)である。

 何か考えていそうな顔をしているが、その実は何も考えていないのであろう。
 11月もはや13日。今週も頑張っていきましょう。
Dsc_0006_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

第30回全国法曹サッカー大会その6

 初日の夜は懇親会が開催され、元日本代表のドラゴン久保、元五輪代表の森崎選手がゲストとしてきていただけるという豪華なキャスティングであった。さすが30回記念大会。

 京都1の小沼選手がドラゴン久保からベストゴール賞に選ばれ、次年度開催は京都と決まった。これはもう京都1は今大会で優勝、京都2も更なる躍進を目指すしかない。
 懇親会の食事が少なく、その後チームメイトでもう少し食べて呑むところを探すが、どこも満席で、やむなくカラオケボックスで歌も歌わず2次会である。
 ここで京都2の鄭君に注文を任せたところ、唐揚げばかりが大量に出てくるという状況となり、初日の弁当も唐揚げ弁当であったこともあり、せっかくみんなのために注文してくれた鄭君が唐揚げ頼みすぎやということでブーイングを浴びるかわいそうな一幕もあった。
 ほどほどにしてホテルに帰り、窓はそっとあけて葉巻を数本吸う。ふっふっふ。同じ間違いは私は繰り返さないのだ。上位になると、2日目の試合開始がゆっくりであり、朝早く起きなくてよい。例年は早朝からの試合で2日目6時起きとなることとはえらい違いである。
 2日目も雨である。雨の中、会場に向かう。朝食でカレーを食べたい気持ちになったが、我慢した。
 我々は2位リーグであるため、優勝してもおかしくない名古屋1と対戦である。
 前半私もスタメンで出て、前半は名古屋の猛攻を防いで0-0で折り返す。これは、さらなる上位の可能性があるか?
 しかし、後半、名古屋のものすごいミドルシュートが決まり1-0。またミドルが入り2-0と敗戦したのであった。しかし、優勝経験のある名古屋と前半25分0-0で折り返しただけでも収穫であるし、ミドルシュートもすばらしいシュートだったので仕方ない。
 7位、8位決定戦に周り、横浜2と対戦したが、3-1で敗戦した。かつて横浜の主力メンバーであった選手が2に来ていることからすると、これも収穫である。1得点はまたもやコーナーキックから近藤。高選手もヘディングで決めたが、なぜか反則を取られて幻のゴールとなった。横浜の選手も「あれ、ファールじゃないよね」と言ってくれていたそうである。
 2戦2敗となったが、8位は確保である。19チーム中8位なので、立派な戦績である。
 あとは、京都1が優勝するだけであるが、準決勝で福岡を2-0で破り、京都1は3連覇がかかる横浜1との決勝に進んだ。
 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

第30回全国法曹サッカー大会その5

 大阪1はやる気マンマンである。まず私は左サイドハーフで先発した。

 大阪1の攻撃を跳ね返す京都2のディフェンス陣。
 攻められ続けるが、大阪1は京都2から得点を奪おうと、シュートを万振りして、全てホームランが大きく枠を外している。
 私は12分半で交代したが、今の焦りが見える大阪1なら、カウンターから1点をもぎ取れるかも知れない。
 私は休ませて元気な近藤修習生、フォワードの船坂、福田選手などフレッシュな選手を次々に交代投入した。
 カウンターで攻め上がり、コーナーキックのチャンス。
 コーナーなら、京都2にも背の高い鄭選手たちがいる。チャンスはあるかもしれない。
 そう思った時、コーナーのボールがこぼれてゴール前の混戦。
 これを近藤が押し込み、1-0である。
 京都2はこれまた優勝候補の大阪1からリードを奪うというのは全く慣れていない展開で、みな浮き足立つ。
 ベンチから声をかけて、落ち着くように声を張り上げ、守備に集中しろとゲキを飛ばす。
 時間はあと7分。
 大阪1に焦りが見え、イージーなミスも出てきた。
 船坂選手に到っては、まだ5分あるのにコーナーでボールキープをし出す始末である。ちょっと早いぞ船坂と私が声をかけ、京都2からはどっと笑い声が起こる。こういうところが京都2のいいところである。
 その後、何とか大阪の猛攻を耐えきり、1-0で勝利した。
 ジャイアントキリングである。
 たとえれば、本気のブラジルに日本が勝つようなものである。
 歓喜に沸く京都2。
 勝ち点を6として、何と2位リーグ(5位から8位が確定)に回ることになった。
 これは、他のチームが25分間0-0の引き分けの試合が多く、勝ち点が伸びなかったことなど、運も味方したのである。
 しかし、うれしさ半面、つらさ半面である。
 2位リーグということは、優勝してもおかしくないチームばかりが回ってきているのである。
 つらい2日目が想定され、橋詰裁判官から、「勝ちすぎや」と言われる始末である。
 そして優勝を目指す京都1は、札幌を3-0、東京2のヤングチームを1-0で破り、見事準決勝に進んだのであった。
 
 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

第30回全国法曹サッカー大会その4

 京都2の3試合目は神戸1とであった。

 引いてブロックを作って引き分け狙いというのも考えたが、これまで出場していない選手にそういう作戦もどうかと思い、真っ向勝負を挑んだ。私は2試合出たのでこの試合は休んだ。
 神戸1には、後の懇親会で、元日本代表のドラゴン久保(会場に見に来ていたのである)から、頑張ればプロになれるかもと言われた60番の選手がいた。
 うまい、強いことはわかっていたが、真っ向勝負と行くしか手はない。
 しかし、真っ向勝負が裏目に出て、2点を先取された。うなだれるキーパーの奥田修習生。
 ここで私は、この試合の勝ちは難しいと思ったが、ここで秘密兵器のキーパーF川を投入した。
 彼こそ、どこかの大会で朝からカレー3杯を食べてアップをしていた時に、「お腹が苦しい」と言ってアップを拒否した伝説のゴールキーパーである。
 前に見たときよりもかなり腹が出ており、臨月ではないかと疑うが、まさか妊娠はしていまい。もうちょっと痩せないと、成人病が心配である。
 F川選手も好セーブを連発したものの、真っ向勝負が仇となり、4-0で敗戦。
 全国大会は厳しい。
 毎年のように、最下位リーグで楽しく2日目を戦うことになるのか。。。
 
 みなげんなりしながら、優秀候補の大阪1との試合が始まった。
 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«第30回全国法曹サッカー大会その3