« 龍馬の放胆 | トップページ | 切腹の夢 »

2009年1月19日 (月)

先入観

 事件の相談を受けるについて、先入観をもって入るとろくな事がない。事前にFAXなどで資料を送ってもらうとしても、それは資料として読み、必要な検討はした上で、かつ、判例や法令を調べるのであれば調べた上で、相談に入るときにはそのようなことはいったん横において、虚心坦懐に相談を聞くべきである。
 この証拠があるから勝てるとか、この筋の事件はこうにきまっているとか思いこんだ時点でそれにとらわれてしまう。
 裁判官にはいろいろな見方をする人がいて、同じ証拠を見ても判断が2分することがあることを前提に考えなければいけない。
 いざ相談に入ると、資料からはわからなかったことが多々出てくることがあるし、つっこんで聞いていくと経過一覧などに書かれていない重要な話が潜んでいることもある。
 いかに先入観を持たず、白紙のような状態で聞けるかというのも相談にとっては重要である。
 私が十分出来ているかは別問題だが。

|

« 龍馬の放胆 | トップページ | 切腹の夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/43783695

この記事へのトラックバック一覧です: 先入観:

« 龍馬の放胆 | トップページ | 切腹の夢 »