« 読書日記2月25日 | トップページ | 岡左内 »

2009年2月26日 (木)

電車に乗ってくるのに降りる人にぶちあたる人たち

 電車に乗っていて降りる時に、乗ってこようとする人たちがドアいっぱいに並んでいて横に避けようともしないことがけっこうある。
 座りたいのかも知れないが、降りる人を押しのけて入ってこようとする輩も居る。

 私はこの手の人たちが大嫌いで、サッカーのショルダータックルの要領で肩で跳ね飛ばして降りることに決めている。サッカーをしているので当たるのは得意である。
 というか、跳ね飛ばさないと降りることも出来ない。
 お婆さんだと危ないので、出来るだけ避けて降りるのだが、それでも体は当たる。若い人とかオジサンに対しては容赦はしない。
 今朝もそうして降りたし、ほぼ毎日そうして降りないといけないような印象である。
 東京のラッシュを経験したことはないので、東京のラッシュなどだと当たり前なのかもしれないが、そんなに混雑している訳ではないホームでわざわざドアの真正面に並ばれるとむかっと来るのである。

|

« 読書日記2月25日 | トップページ | 岡左内 »

コメント

私も経験あります。「うわっ降りれへん!」と言いつつ知らず知らずショルダータックルっぽく降りていたかもしれません。なんか腹が立ちますね。
でも最近は以前と比べるとずいぶんましになってきたと思います。
サッカーに、ショルダータックルというのがあることを初めて知りました。タックルというのは、ラグビーだとばかり思っていました。

投稿: ふなまま | 2009年3月 1日 (日) 18時59分

正しくはショルダーチャージっていうんですけどね。
肩と肩をぶつけるんです。それで相手の態勢を崩してボールを奪う。これは反則にはならないんです~。

投稿: 中 隆志 | 2009年3月 1日 (日) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/44181257

この記事へのトラックバック一覧です: 電車に乗ってくるのに降りる人にぶちあたる人たち:

« 読書日記2月25日 | トップページ | 岡左内 »