« グリーン車のいびき | トップページ | ショックな出来事 »

2009年3月18日 (水)

同室の人のいびき

 弁護士会の会派や仲のいい弁護士と旅行に行くと、相部屋になる。私はセンシティブなところがあるので、旅行に行くと寝付かれず、多少睡眠不足気味となる。
 少しのいびきくらいであれば眠ることが出来るし、自分も多少はいびきをかくので(たまに自分のいびきで起きる)、それくらいであればよいのであるが、先日Nクラブという弁護士会の会派で旅行に行った時の同室の人のいびきはすごかった。仮にS弁護士としよう。

 私は旅行に遅れていくと、中さんとSさんは向こうやからと言われて見ると、ベッドが2つ並んでいた。Sさんは宴会が終わり寝る前に、「ふぉふぉふぉふぉ。私、いびきすごいんです」と言われてすぐに寝付かれた。

 寝息を立てられてすぐに、今まで聞いたことのない爆音が響いた。爆音レベルはおそらく最大値の10であったであろう(何と比べてかは聞かないで)。そして、時々呼吸が止まり、突然バタバタと寝返りを打って暴れ出すのである。子どもでもここまで暴れはしまい。
 また、ベットの隙間は15センチくらいしか空いていなかったので、このままではこちらのベッドに侵入されるのではないかという勢いであった。180センチ以上あるS弁護士が侵入してきたら、168センチしかない私は押しつぶされるであろう。ひえええ。
 11時にベッドに入り、1時頃まで寝ようと努力していたが、寝られないのと、こちらに来られてはかなわんと考えて、私はS弁護士とは反対のベッドの横の壁との隙間に人1人横たわれるスペースがあったので、「下に降りればベッドの反射で少しは音がましかも」と考えて、下に浴衣とかけぶとんを敷いて、上から着ていたダウンをかけて寝ようと努めた。
 30分ほどまどろむと、爆音のいびきが始まり、結局朝まで数十分寝ただけであった。

 いびきをかく人は、どこかに疾患を抱えているといわれる。S弁護士は弁護士会の健康診断でひっかからないのかと疑問に思いつつ、帰途についたのであった。

|

« グリーン車のいびき | トップページ | ショックな出来事 »

コメント

いびき受難 お気の毒でした。
これが夫婦の間では悲惨です!

我が夫は肥満です。お酒を飲んで帰宅した時は、最悪です。
睡眠時無呼吸症候群の心配より、静かにならへんかなあ~とひたすら祈ったり、どなったり…

投稿: ふなまま | 2009年3月18日 (水) 21時50分

 別の部屋で眠るしかないですねえ。
 いやいや。
 ご愁傷様です。

投稿: 中 隆志 | 2009年3月18日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/44387900

この記事へのトラックバック一覧です: 同室の人のいびき:

« グリーン車のいびき | トップページ | ショックな出来事 »