« 年度末の工事 | トップページ | ぞっとする杉 »

2009年3月11日 (水)

新潟出張

 今日は出張であった。
 現在進行している破産管財事件で、在庫商品が新潟の西蒲原郡というところにあるためである。
 この事件では、申立代理人又は申立事務所は在庫商品の確認にすら現地に行っていないし、在庫商品の写真すらないので、どのようなものかも裁判所にも私にも分からない。
 簿価は1800万円もするので、処理にもそれなりの裏付けが必要となる。また、第三者の倉庫に置いてもらっているということで、いつまでもそこに置いておくことも出来ないので、副会長就任目前のこの時期に、現地に向かったのである。京都駅から東京に新幹線で向かい、東京から上越新幹線で燕三条駅に向かう。ちなみに、どうでもいいことだが、上越新幹線にはユニコーンと大和田しんやが乗っていた。

 話が逸れたが、私がこの事件の申立代理人であれば、それなりの費用を取っている以上、破産管財人に迷惑をかけないように、最低限在庫の現状を確認するために現地に行って写真くらいは撮ってくる。
 本件の申立代理人はそれすらもしていなかったので、裁判所としても管財人の私としてもそのような処理には開いた口が塞がらない状態であった。
 また、私であれば、急ぎの案件でなければ、申立時期をずらしてでも、私の方で在庫商品の処理をし、遠方まで管財人が行くようなことをしなくてよいようにしておいたであろう。
 明け渡しほど面倒なものはないので、管財人に迷惑がかからないようにすべきというのが今の破産実務上要求されているからである。私は他の案件でも出来るだけそうしている。ただし、その処理が後から見ても問題がないように処理をする。

 明け渡しが遅れると、自社物件でなく賃貸していることが多いことから、通常は賃料が発生する。賃料が発生するということは、債権者に配当すべき財産が減少するということであり、場合によれば申立代理人の弁護士としての責任問題となりかねない。

 本件でも、預かってもらっているのは無償と聞いていたが、現地に行くと、「月額2万5千円」という話であった。
 やれやれである。
 事件によっては申立代理人としてもどうしようもない事案もあるが、ある程度の処理をしないと、管財人に迷惑がかかるし、弁護士同士の信頼というものも失うということを自覚しておいた方がよいであろう。

|

« 年度末の工事 | トップページ | ぞっとする杉 »

コメント

同業者です。
いつも更新を楽しみにしています。

破産管財の申立代理人については、
売掛金ほぼ回収済み、明け渡し完了済み、
解雇と労働債権の処理も完璧、といたれりつくせりで管財人することないよ~
というところまでされる方もいらっしゃれば
ご指摘のようにとんでもない方もいらっしゃいますね。

飲食業者の破産で
予納金が20万そこそこしかなく
什器備品はもとより
腐敗した食材や真っ黒ギトギト天ぷら油まで
そのまま放置、明け渡し未了で押しつけられた
という事案がありました。

さすがに家主さんに対して
「財団がないので何もできません」とはいえず、
予納金を全部はき出して
できる範囲の原状回復をしました。
管財人報酬はゼロ。

ちなみにこの申立代理人は、
債権者集会にも来ませんでした。

あと、大手金融業者の過払い金を食い散らかして
報酬をごっそり抜き、
残りかす(旧SファイナンスとかNプラムとか)だけを
管財人に押しつけてきたというのもありましたね・・・。

投稿: 同業者 | 2009年3月12日 (木) 08時52分

 ひどい申立が増えているような気もします。
 とりあえず裁判所の書式に合わせて書いているだけで。
 管財人もいろいろで、デキルだけ楽な形で回しているのに、それが理解してもらえないケースもあります。
 とにかく、仕事を一つ一つこなしていくことが大事だと思います。

投稿: 中 隆志 | 2009年3月13日 (金) 00時22分

仕事は露骨に手抜きする
金儲けには熱心だが金にならない活動には興味を示さない
言い訳ばかりして公益的な活動に全然参加しない

そういった人が特に若い弁護士の中に増えてきたと弁護士経験30数年の私の父が言ってました。弁護士の人数を増やしすぎて質が下がったのか、それとも競争激化で食い扶持を稼ぐのに大変でゆとりがなくなったのでしょうか。

資格を取得するためにロー進学でお金がかなりかかるようになったし、弁護士業界も昔と比べると世知辛くなり、随分(悪い方向に)変わってしまったような気がします。

投稿: ぎゃーす | 2009年3月13日 (金) 01時09分

 若い人だけに見える傾向ではないような気もします。
 割合老舗の事務所が、実は手抜きの仕事をしていたりします。
 昔は弁護士というだけで、数も少なくそれなりの仕事で飯が食えたところもあったからかなあなどと思っています。
 きちんとしている人はきちんと昔もしていて,今もしているけれど、お金を追い求める傾向に拍車がかかっているところはあるかもしれないですねえ。

投稿: 中 隆志 | 2009年3月13日 (金) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/44318397

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟出張:

« 年度末の工事 | トップページ | ぞっとする杉 »