« ビラまき | トップページ | 年度末の工事 »

2009年3月 9日 (月)

やはりコーヒーは合わない

 コーヒーをつきあいで飲まなければならない時があり、せっかく入れてくれたのに、「私はコーヒーを飲むと胃が痛くなるのでだめなんです」などというのも気がひけるし、残すのももったいないと思って飲むのだが、たいていその夜は胃がしくしくと痛み、中々寝付けない。

 翌日も午前中は胃がつらい。これはコーヒーを飲むとてきめんであって、ここ10年くらいで最近ようやく分かった因果関係である。
 私のボスはコーヒーが嫌いで、「中君は、僕と一緒やなあ。ふんふん。」と言っているが、私は飲むと胃が痛くなるのだが、コーヒーじたいは嫌いではなく、たまに飲みたくなるのである。

 しかし、飲むと胃が痛くて仕事にも差し支えが出てくる。
 今日は昨日の結婚式があり、最後に出てきたコーヒーを飲んだので、たいへんつらい。
 しくしくsad
 

|

« ビラまき | トップページ | 年度末の工事 »

コメント

コーヒーは刺激作用や興奮作用がありますしね。合わない人には合わないかもです。私はコーヒー大好きです。ケーキには絶対コーヒーです!(^^ゞ 先日「よっちゃんイカ(知ってますか?)」を食べてコーヒー飲んだらさすがに組み合わせが悪く嘔吐しましたが(´Д`) 食べ物との組み合わせには気を付けてくださいね。

投稿: ミッフィー | 2009年3月 9日 (月) 22時17分

食べ合わせというよりは、やはりコーヒーが胃に合わないようですね。紅茶は大丈夫なのですが…。
欧米では生きていけないということでしょうか。
あ、でもイギリスでは紅茶を入れますね。

投稿: 中 隆志 | 2009年3月10日 (火) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/44289918

この記事へのトラックバック一覧です: やはりコーヒーは合わない:

« ビラまき | トップページ | 年度末の工事 »