« キツイ | トップページ | 読書日記4月13日 »

2009年4月11日 (土)

6連続オウンゴール

  新潟の中学校のフットサルの試合で、順当に勝ち上がれば苦手なチームと決勝に上がる前に当たる為に、わざとリーグ戦での順位を落とすために、指導者が生徒にわざと自陣のゴールに蹴りこませて負けるという試合があり、今話題である。試合中に、相手のチームからも、「こんな試合は没収してくれ」という声もあり、試合会場は騒然となったという。
 結局、決勝に上がる前にこのチームは負けてしまった。

 フットサルもサッカーであるので、草サッカーチームの主将である私としては大変不愉快な事件である。
 子ども達にとっても、そのような騒然とした中で自陣にゴールを蹴りこむというのは心が傷ついたであろうし、これが原因となってサッカーが嫌いとなってしまうかもしれない。
 サッカーはフットサルであれ、集団でするスポーツであるので、ボールをつないでつないで最終的にゴールネットを揺らすとあれだけ嬉しいのである。足でするスポーツであるから、ミスが原則であり(手でするバスケは大量に得点が入るのと好対照)、そのミスを皆でかばい合いながらゴールを奪おうとするから面白いし興奮するのである。
 だから私は下手だがサッカーが好きなのである。
 そのサッカーというスポーツで、こうした事件が発生したのは大変遺憾である。
 この指導者は、指導者以前に人間としての何かが欠落していたのではないか。
 本当に異常というか、不愉快な事件である。

|

« キツイ | トップページ | 読書日記4月13日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/44639472

この記事へのトラックバック一覧です: 6連続オウンゴール:

« キツイ | トップページ | 読書日記4月13日 »