« 飲みかけのペットボトル | トップページ | 父親の入院と病院のうどん »

2009年6月 8日 (月)

えん罪という国家が犯す最大の罪について(足利事件)

 表題のごとく、えん罪というものは、国家が犯す最大の罪であろう。もっとも、ここでいうところの最大の罪というのは、法治国家における場合の自国民に対してであって、戦争等の場合も除くし、人治国家の場合も除く。形式的に法治国家となっている場合も除く。

 自らがやっていないのであるから、国家によって有罪とされれば、当該その人は法律を信じなくなるであろう。何度もそうしたことが起これば、国民の司法不審につながるのである。
 犯人か犯人でないかという犯人性の認定については、もっとも裁判所が事実認定に注意を払うべきところであろう。被害者の側からみれば、何としてでも犯人は逮捕され、処罰されなければならないという気持ちになることは当然のことであるが、だからといって、無辜の人を罪に陥れてよいということには絶対にならないのである。
 自身がそのような立場におとしめられた時にどう考えるかという観点から考えればすぐに分かることではないか。

 管家さんが刑の執行停止をされて釈放された。しかし、失われた17年間は戻ってこない。無罪判決が出されるまでは時間がかかるのであろうが、無罪判決が出た場合に、これに対して国が補償する額は極めてわずかである(今手元に資料がないのだが、最大、一日あたり1万2000円であったかと思う)。
 長期間国家権力によって抑留されたことに対する額としては何とも言えずみみっちい額である。

 無罪を信じて、支援し続けてきた方々の努力も相当なものであったであろう。
 その中でも、私は弁護士であるので、管家さんの無罪を信じて支援されてきた佐藤博史弁護士の努力にもっとも感銘を受けるが、こうしたえん罪防止のためには、取調全過程録音・録画をすれば密室での取調状況が分かり、えん罪の防止にもっとも役立つであろう。
 このような単純な構図がなぜ立法化出来ないのか、理解に苦しむのである(日弁連は取調の全過程の録画を求めてきているし、私も全面的に賛同している)。
 

|

« 飲みかけのペットボトル | トップページ | 父親の入院と病院のうどん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/45257138

この記事へのトラックバック一覧です: えん罪という国家が犯す最大の罪について(足利事件):

« 飲みかけのペットボトル | トップページ | 父親の入院と病院のうどん »