« コンラッドの灰皿(M島君の結婚式、余談) | トップページ | 相手方に対する連絡 »

2009年8月13日 (木)

電車を乗り過ごす

 電車を乗り過ごした経験はみなあるのではないだろうか。

 普通の時間に普通に寝ていて、「もう少ししたら降りる駅かな」と思って目が覚めて見たら、降りる駅でドアが閉まるところであった時、妙にそのドアがスローモーションのように見えたのを覚えている。
 最終電車で寝ていて野洲までいったこともある。

 この間は、本に集中しすぎていて、地下鉄を乗り過ごしてしまった。ひと駅で気づいて、すぐに反対側の地下鉄に乗ったので、大幅に事務所に入るのが遅れたことはないのだが。

 逆に、何かに集中していたり、寝ていて、自分が本来降りる駅よりも前の駅で「降りなければ」と勘違いしてしまい、降りてしまったこともある。
 座っていて席を立って降りようとして風景が違うことに気づいて、降りないのだが、そうした時は恥ずかしいので車両を変えたりしている。
 たまにこういうのは他の人も電車でしているのを見る。

 電車に乗っている間何もしないのはもったいないというのが私の感覚なのだが、あまり集中しすぎたり、爆睡してしまうと危険なのが電車である・・・。

|

« コンラッドの灰皿(M島君の結婚式、余談) | トップページ | 相手方に対する連絡 »

コメント

気がついたら…新幹線で経験しました。九州から戻ってきて新神戸まではくっきり覚えていたのに何故か新大阪から爆睡し京都駅発車のルルルルで目が覚め名古屋まで行ってしまったお粗末。
爆睡は、不思議と降りるべき駅の一駅手前で起こるような気がしています。

そんなに疲れてたのか?!と自分が哀れになります。

投稿: ふなまま | 2009年8月17日 (月) 00時58分

 直前で気が緩むんですかねー。
 飛行機なんかでも、降りる直前に寝てしまい、「ドンッ」と地面について、ビクンとして起きる時があります。

投稿: 中 隆志 | 2009年8月17日 (月) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンラッドの灰皿(M島君の結婚式、余談) | トップページ | 相手方に対する連絡 »