« 子どもは残酷(カエルの死) | トップページ | 債務整理・過払い今昔 »

2009年9月16日 (水)

読書日記9月16日

「とり残されて」文春文庫。宮部みゆき。
 ファンタジー的な要素が強い短編集。一番怖かったのは、「おたすけぶち」。
 宮部みゆきの筆力は相変わらずすごい。

「人間失格」。ぶんか社。太宰治。
 ずいぶん昔に読んだ記憶があったが、本屋で何気なくとったので購入。
 中学生くらいに読んだ時と、今とではずいぶん印象が違うものである。
 中学生の時は、ほとんどわからず、変なオジサンの生涯記程度にしか思わなかった。
 読むそのときそのときによって、読書は違う発見をもたらしてくれるものである。

「薄桜記」新潮文庫。五味康介。
 柳生武芸帳を書いた五味作品。
 むちゃくちゃおもしろい。どこまでが史実でどこまでが虚構なのかわからなくなる。
 忠臣蔵を舞台としているが、ほとんどそちらはサイドストーリーとなっている。
 時代小説かくあるべし。

|

« 子どもは残酷(カエルの死) | トップページ | 債務整理・過払い今昔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/46200801

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記9月16日:

« 子どもは残酷(カエルの死) | トップページ | 債務整理・過払い今昔 »