« 通勤電車でゲーム | トップページ | 全国法曹サッカー大会その1 »

2009年11月27日 (金)

アホな弁護士

 威勢だけはいいが、法律も知らず、事実関係の確認もせず、また、目の前にいる依頼者が嘘をついているかもしれないのに、こちらに偉そうにいう弁護士がたまにいるが、本気で偉そうに言っているのだとすれば救いようのないバカだし、はったりでやっているのだとすれば、はったりだけでまかり通るほど弁護士の世界は甘くないのである。

 先日、アホな弁護士と電話で話をすることがあり、頭にも来たが、大変疲れた。話が通じないのである。
 腹を立てるのもばかばかしくなってくるような相手なのである。
 まあ、だいたい上から目線で偉そうにいう人に限ってろくでもないのである。私のボスなど誰に対しても偉そうにしなかった。
 
 そういう弁護士にならないように気をつけるほかないが、ある程度年齢がいってくると、やり方が固定化して、そのようになりがちであるし、「自分は正しい」と思い込んでいるような場合には救いようがない。
 かわいそうなのは、そのようなアホ弁護士に依頼した相手方の依頼者であるが、こちらとしても、事件が進まないので困り果てる。
 どういう頭の構造をしているのか、理解に苦しむのである。

|

« 通勤電車でゲーム | トップページ | 全国法曹サッカー大会その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/46810252

この記事へのトラックバック一覧です: アホな弁護士:

« 通勤電車でゲーム | トップページ | 全国法曹サッカー大会その1 »