« 弁護士1年目はとかく体調を壊しがち | トップページ | ヤミ金融を避ける弁護士 »

2009年12月16日 (水)

重症な肩こり

 過労状態が続いてるので、重症な肩こり(正しい日本語ではないであろうが)である。

 肩こりがひどくなると、頭痛がして、めまいがしてくる。私の肩こりは前にも書いたが相当ひどいもののようで、たいていの自称肩こりの人も私の肩を触ると「何コレ!!」と目を丸くする(まあ自慢にも何もならないが)。

 市販の貼るタイプの鍼を貼ってみたり、マッサージチェアでもみほぐそうとしたり、快癒器で背中を押したり、ストレッチをしたりするのだが、根本的に良くはならない。
 市販の鍼は貼らないよりは貼る方がましのようである。ただ、貼っていることを忘れて数日取るのを忘れることがあり、これは衛生上よくないであろう。
 マッサージチェアは、日々進歩を遂げていて、少し前に弁護士会の行事で泊まった宿に置いてあったチェアは、私の持っているのと同じメーカーのものであったが、新しいためもみ具合が格段によかった。しかしかさばるし、値段も張るのでそうそう買い換えは出来ないであろう。
 快癒器は、ツボを押す器具であり、快癒器を自分の体の下に入れて、突起で自分の体重で背中のツボを押す仕組みであり、これは相当気持ちがいい。
 ただ、やっているうちに寝てしまうことがあり、そうした時には逆に起きた時にずっと刺激されていたところの部分が痛くて仕方ないことになる。
 ストレッチも最近信じられないくらい体が硬くなっていて(たぶん70歳くらいの硬さという判定が出ると思う。誰がどういう判定をするかはよく分からないが)、筋をのばすのに苦労する。
 マッサージに行きたいのだが、その時間的余裕もないのである。
 美容院にも行けていないほどであるし、肩こり解消のためにも、髪の毛をすっきり切りたいものだとも思うのである。
 何も結論めいたこともないが、肩こりに苦しんでいる人は多々いるであろうし、皆さんはどんな解消法を持っているのかと時々思うので書いてみた。

|

« 弁護士1年目はとかく体調を壊しがち | トップページ | ヤミ金融を避ける弁護士 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/47015307

この記事へのトラックバック一覧です: 重症な肩こり:

« 弁護士1年目はとかく体調を壊しがち | トップページ | ヤミ金融を避ける弁護士 »