« 仕事はじめ | トップページ | お気軽に・・・ »

2010年1月 7日 (木)

弁護士の移籍

 最近弁護士の移籍が多くなっている。特に入所した若い弁護士が「こんなはずではなかった」ということで移籍する例が多いようである。
 以前にも書いたが、「こんなはずではなかった」が、常識的に見て若手弁護士側に問題がある例もあるであろう。「それくらい我慢しなさいよ。給料をもらっているのだから。」というつっこみを入れられる場合もあるであろう。我慢すべき程度のものであるのに、早々に移籍するような人物は一所で落ち着けないとして他の弁護士の見る目が変わることもあろう。

 もちろん、そうはいっても、確かにひどい事務所もあるであろう。よくあんな事務所に入るなあと思っていたら、たまたまそこに入った若手弁護士と酒を飲んでいると、「移籍したい」と真剣に愚痴をこぼされることもある。

 まあ、移籍じたいが悪いことではなく、その人にとってプラスになるのであれば、移籍した方がいいことは否定しない。移籍の仕方ということであろうか。
 私の事務所の女性のK弁護士も移籍組であるが、全く問題なく(私の側からだが)仕事をしてくれている。
 もちろん経験等々いろいろとこれからというところはあるが、移籍がきっと彼女のプラスになることは確信している私であるので、移籍に必用以上にナーバスになる必要はないと思うのである。

|

« 仕事はじめ | トップページ | お気軽に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/47197362

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士の移籍:

« 仕事はじめ | トップページ | お気軽に・・・ »