« 新しいことばかりやりたがるということ | トップページ | お金を貰って仕事をするということの重み »

2010年3月 5日 (金)

バランス感覚

 最近、仕事をしていて、ばらんす感覚のない弁護士にあたることが多くなった気がする。
 おかしいところや不十分なところを指摘すると、ものすごく怒る若手弁護士がいるようだが、これは自信のなさの現れである。
 本当のことを言われると人間は怒るのだ。

 依頼者のいうことを検討し、依頼者の主張や要望がすべて通る場合はよいが、通らない可能性がある場合には、そのことを事前に説明すべきだし、解決に向けて説得をすることもあるが、中には依頼者と一体化しているのではないかと思われる弁護士もいる。依頼者向けのアピールだけがうまく、弁護士本来の能力は全くないといわざるを得ないベテラン弁護士も多数いる。

 本気で自分の依頼者に都合のいいことばかりを言っていて、いくら裁判官やこちらが指摘しても検討しようとしないのである。
 こういう弁護士が増えると、紛争は解決しない。
 お金儲けが目当てである弁護士の場合は、紛争を拡大して、費用を取ろうとしていることもあるだろう。

 依頼者のことを考えるなら、依頼者につらいことをいうこともある。耳のいいことばかりを言っていて、裁判をして、敗訴し、「残念でしたねえ」と言われても依頼者も困るであろう。
 バランス感覚が欠如しているといわざるょ得ない弁護士になっては決していけないのである。ただ、変に物わかりがよくなってもいけない。とことん戦うべき時は戦わなければいけない。
 そのあたりが難しい。私もまだ悟りに入れるような境地ではないのだが。

|

« 新しいことばかりやりたがるということ | トップページ | お金を貰って仕事をするということの重み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/47691440

この記事へのトラックバック一覧です: バランス感覚:

« 新しいことばかりやりたがるということ | トップページ | お金を貰って仕事をするということの重み »