« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

読書日記4月30日

「悪人列伝 近世編」文春文庫。海音寺潮五郎。
 後世から悪人といわれる人物の史伝シリーズ。海音寺の構想力というか構成力はすさまじく、わずかな頁でその人物の生涯を浮き彫りにし、また、読ませて読後なんともいえない余韻を残すところは他の作家の追随を許さない。毛利元就に謀略の末破れる陶晴賢(すえはるかた)が、どのようにして大内家を乗っ取ったのかについてはあまり描かれるところが少なかったのではないであろうか。その他、日野富子や、松永久秀などが登場する。歴史好きなら是非一読を。

「大聖堂(中)」ソフトバンク文庫。ケン・フォレット。
 長編物語の第2巻。あらゆる人物像が描かれ、人の悪意や失意、生き方などがちりばめられた好著。物語もおもしろいが、キャラが立っていて、どうにかして最後は最悪な死に方をして欲しいと思うキャラやなど多数出てくる。

「知的ストレッチ入門」新潮文庫。日垣隆。
 日垣隆氏の作品はいくつか読んでいるが、これはノウハウ本。何か役立ちそうな情報がないかとたまにこういう本を読むのだが、いくつかはすでに私が実践していることであったり、私の職業には合わないものもあった。しかし、仕事が遅い人については、一読の価値があるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

夜遅い打合

 私は基本的に夜遅い打合はしない。
 色々と先輩弁護士に聞いたからである。

 複数でする場合はともかく、1対1だと、相談者や相手方と険悪な雰囲気になることもあり、帰ってくれないこともあるからである。
 弁護士は神様ではないので、いくら相談を受けても要望に応えられないことがある。
 証拠が足りない、収入が足りない等、本人が希望する手続が出来ないこともしばしばである。
 事務所の売上だけを上げることを考えれば、引き受けて、失敗した時に、「ほら言ったでしょう」で弁護士側は済むのだが、そんな仕事の受け方はしたくないし、倫理的にすべきではない。
 最後に困るのは相談者なので、相談者の為に最善と考えることをアドバイスする。
 しかし、相談者の主観とこちらが最善と考えることが一致しないこともあるのである。

 また、相談者が異性の場合も注意が必要である。
 夜遅い時間に密室で2人切りというのはあまりよいシチュエーションではない。
 先輩弁護士からこのあたりでも昔色々な話を聞いた。

 相談の入れ方にも注意が必要なのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

菜の花

100425_114101 犬の散歩をしていると、菜の花が咲いていたので、携帯で撮影。向こうには比良山系が見える。

 司馬遼太郎は菜の花が好きであったといい、まだ読んでいないが、菜の花の沖という作品もある。

 私は花はなんといっても桜なのだが、司馬遼太郎が好きであったということを思い出したので、パチリと撮った。

 冬には写っている用水路(琵琶湖に通じている)には渡り鳥がたくさん来る。
 渡り鳥が器用に潜って小さい魚を捕まえることもある。

 なんということもないのだが、菜の花がたくさん咲いているのである。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

久しぶりに10時間寝た

 日曜日は朝起きたら11時であった。
 夜は1時に寝たので10時間寝たことになる。

 しかも昼寝もした。
 木曜日と金曜日に立て続けに宴会があり、睡眠不足だったのを取り戻した感じである。
 木曜日は慰労会で焼肉だったのだが、幹事がコースで肉しか頼んでおらず、この歳になると、肉と酒だというのはきわめてつらく、周辺にも「つらい」「つらい」という声が多かった。
 しかし、寝過ぎると休日があっという間に終わってしまう。

 日曜日にサッカーの試合会場を予約しに行こうと思っていたのだが、何となく自動車で守山まで行くのが憂鬱になってしまい、本屋に行っただけで終わってしまった。
 後は最近加入したスカパーで仙台対湘南のJリーグの試合を見ていた程度である。

 だらだらしてしまったが、こういう休日も必用なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

長い待ち時間の信号

 自宅の前の交差点の信号は感知式信号で、前は割合感知して信号が切り替わるのが早かったのだが、最近物凄く信号が変わるのが遅い。

 ひどい時は5分待たされることがある。
 交通量か何かの為に設定を変えたものと思われるが、朝の5分は結構痛い。

 そして、その間、青信号なのに自動車はほとんど走っていないことも多い。逆に、車は先の信号でひっかかっていて、そこが青でも意味がないことも多い。

 こうした信号のサイクルはどこが変える権限を持っているのかは知らないのだが、近いうちに文句を言ってやろうかと考えていた。
 そうしたところ、先日、いきなり私よりも相当齢上のご婦人から、「ここの信号腹立つねえ。」と言われた。この女性は、頭に農家の主婦がするようなほっかむりをとって振り回して「ああ、腹立つ。」と言ってぷんぷんされていた。
 おそらくこの女性よりも私の方が時間的にいうと忙しいのだが、そこまでは腹は立たない。
 何となく、この女性がほっかむりをとって振り回しているのを見ていたらおかしくなって、文句を言うのもばからしくなってしまった。
 なぜかはよく分からないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

読書日記4月22日

「池波正太郎直伝 男の心得」新潮文庫。佐藤隆介。
 池波正太郎のところで書生をしていた筆者のエッセイ集。読んでいて、共感できる部分もあるが、全く共感出来ない部分がある。
 池波正太郎から学んだ男の美学ということであるが、あまり読んでも為にならない本だろう。

「陰花の飾り」新潮文庫。松本清張。
 生誕100周年を記念して復刻された文庫の第2弾。
 わずか原稿用紙30枚という長さの中に清張によれば、「100枚くらいの物語を詰めた」とあり、読みやすくなっているが、その分、言葉足らずのところもあり、中々悩ましい。
 すべてが悲劇であるところはいつもの清張である。
 どうしても読まないといけない作品でもないように思われる。

「大聖堂(上)」ソフトバンク文庫。ケン・フォレット。
 12世紀のイングランドを舞台に繰り広げられる人間模様を描いた作品。
 多くのキャラクターが出てくるのだが、それぞれのキャラが立っていて、感情移入させられる。
 今後中巻、下巻と読み進めていく予定であるが、どこの人間世界でも通用する人間の機微が描かれていて、読むと参考になるのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

てんとう虫

100411_135901  少しわかりにくいが、てんとう虫が写っている。
 飛んで来て目の前の植木に止まったので、携帯で撮ったのである。

 この日は初夏を思わせる陽気で、てんとう虫も気持ちが良さそうであった。
 何かの記事で、てんとう虫が激減していると読んだ記憶があったので、撮影してみる気になったのである。
 そう言えば、最近あまりてんとう虫を見かけない気もする。

 初夏を思わせる陽気のあと、突然冬に戻ってしまった時、てんとう虫などの小さい虫はどうやって寒さをしのいでいるのであろうか。
 生き物がどうやって寒さや飢えをしのいでいるのか、いつも不思議である。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

マイベストプロ京都

 たまたま広告が入っていたのだが、ホームページをもう一つ持つという感覚で使えるということで良さそうだったので、マイベストプロ京都というサイトに登録した。

 http://mbp-kyoto.com

 で今日からオープンで、京都新聞にも満面の笑みで掲載されている。
 サイトではカラー写真付きである。
 内容はちょっと褒めすぎというものだが、ライターが書かれるので、私には責任はない。

 4月に撮った写真なので、今の私である。
 また皆さん見て下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

ボケたタクシー運転手

 先日、行き先を明確に告げて確認までされたのに、全然違うところに行かれた(途中で気づいて指摘したのだが)のだが、その時、タクシーの運転手が、「わたしゃ、確認までして明確に聞いたし、日報にもそう書いている」と言い、ミスを認めないので、滅多に人に怒鳴ったりしないのだが、さすがにキレてしまい、「そんなことはええから。さっさと走って。」と目的地へ向かう通りに進むように言ってしまった。

 別の時にも、行き先はあっていたのだが、一方通行で行くことが出来ず、大回りをわざわざして(タクシーの運転手なので、近道でも知っているのかと思って黙っていたら、石灯籠で通行出来ない通りに入ろうとして、『ありゃ。いけないのか』とか言っていたので、多少キレてしまった。)くれた。

 両方とも個人タクシーであった。
 会社勤めの運転手だと会社にクレームが来るからこうしたことはあまりない。
 個人タクシーの運転手さんは千差万別で、乗車して本当に気持ちがいい時もあるが、こうして嫌な気持ちにさせられることもある。
 乗ってみないと分からないので、どうしても個人タクシーを敬遠してしまうのである。
 後者の方は、メーターをあげるためにわざとやったのだと周囲からは言われた。しばしばそういうタクシーがあるらしい。
 前者の方は自らの落ち度を全く認めようとしないのだが、行き先を間違えて私がいうはずもないのである。間違えるとしたら聞いている方であるのだ。
 やれやれである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

債務整理事件のポイント

 一つには無理をしないことである。所得から生活費を引いてかつかつの状態で債務整理を始めると、不測の事態が発生した時に対応出来ない。
 たとえば、子どもの学費や、本人が病気になった場合が考えられるので、少しでも毎月貯えを残すくらいの計画が必要である。
 債権者はそうした事態になったからと言って待ってくれない。

 整理が無理なら個人再生をするということも考えられるし、破産した方が楽なケースもある。
 無理な整理をして、失敗をしているケースを偶に見受ける。本人の意思が固いこともあるが、少しゆとりがある返済計画を立てないと、やはり先で破たんすることが多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

鞄の幅が分からない女子たち

 電車通勤していると駅などで女性に鞄をぶち当てられることがよくある。
  私の体の幅が広いせいでもないであろうが、肩に鞄をかけているのだから、自分の幅よりも空けて通過しないと人に当たるのに、「ドコーン」と鞄を人にあてておいて、しかも無視していってしまう。

 サッカーでショルダーチャージ慣れしているので、鞄を当てられたくらいでこけはしないが、老人だと危ないであろう。
 ああいう女子は自動車を運転してもすぐに事故るのではないか。

 ぷんぷん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

一太郎

 裁判所は長らく一太郎を使用してきていたのだが、先日管財人協議会に出た時に、「裁判所もワードに変わります」と言われてショックであった。

 ワードも使わないことはないのだが、一太郎が使いやすい。ATOKは賢いし、ワードは設定がややこしい。
 一太郎はその点簡単である。

 裁判所が一太郎からワードに変わることで、ジャストシステムの売上にも影響が出る気がする。
 ウインドウズパソコンにはだいたいオフィスが同梱されていて、普通の人はわざわざワープロソフトを買い換えないであろうから、ワードが世の中の圧倒的趨勢であることも理解は出来るのだが、一太郎派としては、一太郎が没落するのは悲しい。

 表計算も最初はロータス1-2-3を使用していたが、エクセル以外は人(というか表計算ソフト)に非ずみたいな趨勢でロータスは消えてしまった。
 一太郎復権を待ちたいきょうこのごろである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

Cドライブ

 事務所で使用しているパソコンのCドライブがいっぱいになって、ディスク領域不足という表示が出るようになった。こまめに不要なソフトは削除し、ディスククリーンナップもしているのだが、それでも領域が足りなくなっていたのである。

 だいたい、そもそもこのパソコンはドライブの分割の仕方がおかしいのである。
 CドライブとDドライブに分かれているのだが、システム等が入っていてマイドキュメントがあるCドライブの容量は20ギガなのに対して、Dドライブは120ギガあるのである。
 システムやソフトをインストールするCドライブを120ギガでよいと思うのだが、この分割の仕方が意味不明である。

 仕方がないので、文書を保存するフォルダを全てDドライブに引越をし、Cドライブにある不要と思われるデータをしこしこと削除し、Cドライブの空きは1.5ギガまで増えたが、いずれ満杯になり、このパソコンは使えなくなるのではないかという気がしている。
 文書を作成し、ネットを見て、メールするくらいしか使用しないので、設定をし直す手間を考えると、まだまだ使用に耐えられるのだが、ドライブが足りないことが理由で買い換えるのも腹が立つ。きいきい。

 速さという点でも、ドライブの空きが少ないせいか、だいぶ遅くなってきている。
 いろいろな設定の面倒さを考えると、買い換えも手間だし、はじめからドライブ容量を逆にしてくれさえいれば、こんなイライラはしなくて済んだのに。
 きいいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

読書日記4月12日

「セミたちと温暖化」新潮文庫。日垣敏隆。
 動物行動学者であった筆者のエッセイ集。動物に対する愛に満ちたエッセイで、「ほほう、この動物はこんな習性があるのか」とか、「セミの幼虫は地熱の温度差で生息地が変わるのか」等々、読んでいて大変おもしろかった。

「阿波紀行・紀ノ川流域」朝日文庫。街道をゆくの32巻。司馬遼太郎。
 阿波紀行は阿波の三好氏の記載に多くが割かれている。紀ノ川流域は根来衆に対する記載が多い。
 根来という姓はなかったが、戦国時代、根来衆の剽悍さは有名であったので、根来出身の侍は姓を根来と変えたという。
 司馬のように土地土地の歴史の造詣が深く、それをかみしめつつ旅が出来れば本当に楽しい旅になるであろうと思いつつページをどんどん繰ってしまう。やはり司馬は大作家である。

「剣のいのち」文春文庫。津本陽。
 本屋で活字が大きくなったとあり、そのとき気になっていたのだが、やはり誘惑に負けてしまいネットで購入。
 津本作品は殺陣の描き方が独特で、読み手の息を詰めてしまうような迫力がある。
 主人公はどうやら架空の人物らしい。幕末の架空の殺人者を描いた作品としては、司馬の「11番目の志士」があり、それと似た着想といえるが、実在の人物であったかのようにすさまじくおもしろい。
 作品としては娯楽作品で、人生に何者かを与えてくれる要素がないのが残念ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

依頼者は自分の事件の情報に飢えている

 多くの依頼者にとって、自分の事件の情報はすぐに欲しいものである。
 しかし、弁護士会の苦情相談窓口の担当をしていると、もっとも多いのは、「事件について一切報告がない」であるとか、「連絡をしても返してくれない」というものである。
 弁護士側が電話連絡できないのは、弁護士側で事件放置をしているからであることが多い。
 事件進行について依頼者は興味があるはずであり、情報は常に提供する必要がある。

 依頼者の側で準備すべき事項が出来ない時には、弁護士側から依頼者に連絡を積極的にとって、依頼者に用意をさせるということもプロとしてまた当然である。中には、「弁護士さんに頼んだし後は自分のことではない」という風情をしている依頼者も居ないではない。
 たとえば、申立をしたが、裁判所から補正を促され、必要な書類があればこれについても弁護士側から依頼者に積極的に連絡をしなければならない義務があるといえる。
 

 どのような形であれ、事件放置は許されない。
 準備に時間がかかる事件も確かにあるので、そのような場合は依頼者に進捗状況を連絡すべきである。
 その意味で、常に事件は管理しておく必要がある。
 記録だけに頼っているとつい忘れがちになるので、受任した事件は手帳に書いておいた方がいい。
 1週間に一度は手帳を見て、全ての事件を洗い出すくらいの気持ちが必要であろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

ブログの写真

 ブログとホームページに掲載している写真は、独立前後の頃の写真なので、実際の私よりも若い。
 自分ではあまりわかっていなかったが、やはり7年経つとオッサンになってしまっているようである。と言っても髪の毛が全くなくなっているという訳でもない。

 私と会ったことのない人がブログの写真を見て事務所に来たら、「どちらさまで?」と言われるのではないかと先日言われたが、それほど変わり果てていたとは何ということであろう。

 まあ、独立した頃よりも太ったし、毛は細くなったし、頭が薄くなったことは事実である。
 しかし、気づかないふりを自分でして自分を騙していても、他人は容赦なくオッサンになったことを指摘してくるのである。後は美容室でカットしてもらっている時に、地肌が見えると気づくのだが、しばらくすると気づかないようにするのである。
 とはいっても、無理矢理毛をもってきてハゲたところを隠すというマネはしたくないので、そのときは潔く短髪にしようと誓っている。

 嗚呼。
 ダイエットして、20歳の頃の割れた腹筋を取り戻したい。体重も今と12キロも違う。
 嗚呼。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

観光シーズン

 京都は花が見頃で、世間は春休みとあって観光客であふれている。
 観光都市であるから、観光客が相当数来てくれないと京都の経済は冷え込むのでありがたいことであるが、京都で仕事をしている人間にとっては渋滞のもととなるので、イライラさせられることもしばしばである。

 人が全くいないと、「京都はこれからどうなるのか」と京都に基盤をおいて仕事をしている私なども焦るであろうが、人が多くて渋滞がひどいと、こっちは仕事をしていることもあり、ついイライラとさせられる。

 昔、公害環境委員会で道路部会という部会の部会長をし、シンガポールまで道路の問題を調査しに行ったので、ちょっと道路の問題には詳しい。
 マイカーで京都市内に来ることを制限し、京都の入口に大きい駐車場を設けて、パークアンドライドをすれば渋滞緩和になるはずであるし、弁護士会で私が責任者として、そのような提言を道路に関するシンポジウムでしたことがある。その後、京都市でも社会実験を行ったりしている。弁護士会は、反対をしているばかりの団体ではなく、積極的な提言もする団体だという意義付けをしたシンポジウムであったと今もいわれている。

 ライトレールトランジットというものの導入も検討したり、シンガポールで導入されているロードプライシング(市内に入れば入るほど課金されるというもの。課金されるのが嫌なら公共交通機関を利用すべしという考え)の導入も本気で考えてよいのではないかという気がする。
 タクシー業界も儲かるであろうし、観光シーズンが来ると道路シンポで提言をしたことを思い出すのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

白河の桜

100402_213601 先週金曜日に事務所で慰労会をしてもらった時に祇園の白河通りをふらふらと歩いた時の写真。桜が綺麗である。私は個人的には市内ではここの桜が一番好きである。今週いっぱいくらいは花がもって欲しいものだが、さあどうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 5日 (月)

人に聞く前に自分で調べよう

 日弁連の消費者メールに加入しているが、大半のメールは、「これこれのパチスロ攻略法詐欺について情報をお持ちの方、何かあればDMでお願いします。」というような「情報が欲しい」というメールである。

 パチスロ攻略法詐欺については以前このブログでも書いたが(見たい人はブログ内検索して下さいね)、詐欺であるとして、消費者契約法に基づいて取り消して返還請求をしていくほかない。
 振込先が分かっていて、送金額が大きければ、仮差押も検討すればよいのである。もちろん、空振りになる可能性はあるが、そのことを依頼者が納得するのであれば、メーリングリストで悠長に聞く前に保全手続をするかどうかを検討すべきであろう。
 悩ましい事態について聞く前に、自分で一応調べて、それでも分からないから聞いているという雰囲気のメールには京都の消費者メールではだいたい返事を書くようにしているが、何も考えもせず、情報だけを下さいというメールに対しては返事をする気もおこらない。
 弁護士の仕事は本来マニュアルでどうにかなるものではない。過払い事件で簡単に債権回収ができる時代に弁護士になった為か、やり方をすぐ人に聞いたり、自分の頭で考えていない弁護士が増えた気がする。

 保全をして、口座にお金があればしめたものである。相手に請求をして、支払わなければ訴訟提起をして強制執行をすればよいのである。
 以前私は、パチスロ攻略法詐欺で、7万円の損害の為に着手金を1万円貰い、損害額を慰謝料や弁護士費用などくっつけて37万円で仮差押をして、全額で仮差押が認められ、相手と交渉して損害額以上の回収をしたことがある。その時のノウハウは弁護士会で配布したこともあるが、いずれにせよ自分の頭で考えてまず動かないことには、弁護士の仕事というのは始まらないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

読書日記4月2日

「漂流」新潮文庫。吉村昭。
 これはムチャクチャ面白かった。江戸時代の船は鎖国政策との兼ね合いで非常に脆弱な作りであり、そのため嵐となれば漂流するしかなかったのであるが、土佐で嵐に遭い、漂流したあげく鳥島という八丈島よりも更に日本から離れたアホウドリの繁殖地に流れ着いた船乗り達がいかにして暮らし、いかにして生還したかを描いたノンフィクション。
 その生きるエネルギーにはただただ敬服せざるを得ない。
 一読の価値ありの本である。

「乱鴉の島」新潮文庫。有栖川有栖。
 孤島での連続殺人といういかにも金田一耕助氏シリーズにありそうな題材に引かれて購入したが、全然だめであった。ひどい内容で、横溝正史の金田一耕助シリーズで鍛えられた私にとっては全く物足りない内容であった。買って損をした・・・。

「幕末」文春文庫。司馬遼太郎。  幕末の暗殺を描いた短編集。司馬は短編も本当にうまい。  幕末の尊皇攘夷運動のさなか、暗殺に命をかけ、人の命を奪い、自らも死んでいったあまたの暗殺者を描いている。その中でよかったのは、「桜田門外の変」と「逃げの小五郎」「最後の攘夷志士」である。桂小五郎は剣で飯が食えるにも関わらず、桂が人を斬ったというはなしは聞かない。幾松の桂への愛情と、目的のためなら雌伏して牙を研ぐその桂の姿勢には敬服する。もっとも、一時は逃げることが目的となっていたようであるが。  司馬は、この幕末に暗殺によって時代が変わったことはないとするが、桜田門外の変だけは例外だとする。暗殺によって時代が変わった例は他の時代には多々あるし、諸外国には例があるが、確かに、この幕末の暗殺においてはそうかもしれない。  司馬の作品は三冊に一回は読みたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

副会長退任

 無事、昨日の経過をもって、京都弁護士会副会長を退任しました。
 ありがとうございました。

 大阪では会長・副会長に弁護士会から給与が出るようになるということですが、京都もこれからはそうしていかないと、なり手がいない時代に突入していると思われます。
 弁護士会の理事者をすると事件が出来ないので、経営的には厳しいことは明らかです。
 副会長をしたからといって、仕事が翌年増える訳でもありません。

 弁護士に求められるニーズは増えると言われていましたが、企業内弁護士の需要はほとんどなく、行政からのニーズも期限付き公務員という形でしかありません。また、3000人の前提とされていた裁判官と検察官の飛躍的増大ということもされていません。予算をつけていない為です。国が方針を決めたことに対して予算をつけていないのです。
 この国は統一的なビジョンをもって計画することが不得手であり、その場その場の場当たり的発想で国を運営してきましたが、司法改革の分野でも同様であったのです。
 これから弁護士になる人にとっては厳しい環境といわざるを得ませんし、我々既に弁護士をしているものにとっても厳しい時代に突入したということがいえます。

 今年は63期の就職状況が極めて厳しいと言われていて、62期までで何とか採用してくれていた事務所もほぼ満杯となり、リーマンショック以降大手渉外事務所も採用を控えているという現状で、ターニングポイントを迎えているといえるかもしれません。

 そのような年に弁護士会の副会長をし、会務に携わったことは私の貴重な経験であり、やってよかったと個人的には言えますが、ターニングポイント以降どうなっていくかというのは不透明です。

 しかし、そのような中でも、歯を食いしばり頑張って行きたいと思います。
 これからも私という弁護士をよろしくお願いします。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »