« 読書日記5月21日 | トップページ | 債務整理の放置 »

2010年5月24日 (月)

超能力捜査

 スカパーe2に入ったので、ナショナルジオグラフィックチャンネルを時々録画して見ているのだが、先日、超能力によって行方不明者を捜し出したり、事件を予言したといわれる人たちの能力は本当かという番組をしていた。

 結論的には、彼らは本当に自分にそのような能力があると思い込んでいるか、単なる詐欺師であるという結論であったように思う。よく、数々の犯罪捜査に功績があったとされている超能力者だが、現実に彼らの能力によって解決がされた事例は1件もないということである。

 未解決事件を解決するということで現場に行く超能力者だが、「ここに遺体がある」などと言わずに、当時の捜査官に質問をし、それからあたかも「声が聞こえてくる・・・」などというのである。
 当時の捜査官も後のインタビューでお粗末過ぎる、時間の無駄であったと怒っていた。

 夢の中で予知をするという超能力者も出ていたが、見事に外していた。外した途端に次々に言い訳をするのである。

 私は超能力は信じておらず、勘が働くというような程度のことはあるであろうが、それを信じて傷つく遺族たちに対して何の結論も出せずに彼らはそれをどう考えているのであろうかと思った。

|

« 読書日記5月21日 | トップページ | 債務整理の放置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/48409982

この記事へのトラックバック一覧です: 超能力捜査:

« 読書日記5月21日 | トップページ | 債務整理の放置 »