« 弁護士ワールドカップ5戦目 | トップページ | 最終日 »

2010年6月11日 (金)

弁護士ワールドカップ6戦目(最終試合)

 6試合目最終試合は、マスターズ最下位をかけて、ベネズエラとの戦いであった。
 ベネズエラもここまで一勝もしていない(確か引き分けもなかったはず)。

 私は前半右サイドハーフとして出場。足を傷めているはずの大阪チームのMさんが右サイドバックからオーバーラップして駆け上がってくる。私はバランスを取りサイドバックのスペースを埋める。
 しかし中々決めてがない。

 左サイドバックのK君がオーバーラップして、右サイドゴール前に大きく展開。私の頭上に来たので、相手のバックと競り合う。その球が、チームの司令塔の大阪チームのTさんの足下に落ちた。これをニアサイドに早いグラウンダーのセンタリング。
 これに大阪チーム一の奇人T弁護士がインサイドで合わせて先制。
 後半私はベンチに退く。
 後半も多数のシュートを打つが決めきれない。相手の攻撃は単調で俊足バックスのM君とS君が危なげないディフェンス。
 何本ものシュートを外したが、1-0で逃げ切った。
 何とか一勝。
 世界で一勝することがこんなにも難しいものだとは思わなかった。
 これで弁護士ワールドカップは大団円を迎えた・・・はずであったが。。。

 つづく。

|

« 弁護士ワールドカップ5戦目 | トップページ | 最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/48584789

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士ワールドカップ6戦目(最終試合):

« 弁護士ワールドカップ5戦目 | トップページ | 最終日 »