« いざイスタンブールへ | トップページ | ビザンチン帝国時代の城壁 »

2010年6月 1日 (火)

イスタンブール観光

 イスタンブールでは、トルコ定番の朝ご飯を食べてから、現在の共和国建国の英雄が住居していたところを廻る。同じような部屋ばかりで、少し食傷気味だが、オスマン・トルコ時代の財宝がたくさん陳列されており、トオスマン・トルコという国がいかに財力があり、スルタンがその財を一手にしていたかがよくわかる。

 100528_112201_2 その後ブルーモスクへ。ブルーモスクの内部。礼拝の少し前で、イスラム教徒が礼拝を待っていた。
 外に出ると物売りがたくさん寄ってくる。日本人はお金を持っていると思われているのか。

 13時間のフライトのあと観光をして疲れたので、カフェで休憩することにした。

 カフェではアイランというヨーグルトに水を入れてかき混ぜて、塩を入れたものがトルコ名産というので注文してみたが、一度話のネタに飲んだらもういいという味であった。

 左の写真がブルーモスクの内部。

                            これがアイラン。

100528_120201

 ちなみに、この店では水たばこを吸わせる店であり、私も吸ってみたが、これも一度吸えばもういいわという感じであった。
 昼食はトルコ伝統料理の店にいき、牛肉を大きいナイフでそぎ落とす料理が出てきたのだが、これも世界三大料理といわれる割にはいまいちであった。

 店を出てトプカピ宮殿へ。しかし、見る時間がほとんどなくなってしまっており、結局私は明日以降の試合に備えて体をバスの中で休めることとした。

|

« いざイスタンブールへ | トップページ | ビザンチン帝国時代の城壁 »

コメント

びっくりです!
トルコですか~ああ驚いた。
是非、中先生の雄姿を載せてください。
怪我なさいませんように。

投稿: ふなまま | 2010年6月 2日 (水) 22時01分

ちょっと怪我しました。。。

投稿: | 2010年6月16日 (水) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/48488496

この記事へのトラックバック一覧です: イスタンブール観光:

« いざイスタンブールへ | トップページ | ビザンチン帝国時代の城壁 »