« 弁護士ワールドカップ初戦 | トップページ | 弁護士ワールドカップ3戦目 »

2010年6月 4日 (金)

弁護士ワールドカップ2戦目

 5月30日に行われた2試合目の相手はコンゴ。コンゴチームが遅刻してきた為、試合時間が4時間後に変更。理由は「疲れているから」ということである。なんて適当なんだコンゴチーム。

 試合が始まり、私は右サイドハーフとして先発。しかし、コンゴチームは黒人特有の驚異的な身体能力を持っていた。日本人同士の対戦では全く体験したことのない異次元のスピードとバネ。前半押しまくられるが、私も出来る範囲で懸命にディフェンスをして何とか0ー0で後半へ。しかし、顔を見ていると若いぞコンゴ。本当にこいつらマスターズなのか。そもそも、コンゴに戸籍制度はあるのか?

 後半は控えに回るが、後半開始早い段階で、味方のバックスよりも1メートルくらい高いと感じる驚異的なジャンプヘッドで先制されてしまう。その後もよく守り、何度かチャンスもあったが、後半終了間際、中央をワンツーで突破され、そのまま驚異的なスピードでこちらのセンターバックを置き去りにしてゴールを許す。。。

 また2対0で敗戦である。このままではダメだ。明日のメキシコ戦に勝つしかない。しかし、メキシコチームは昨年のクラッシック(年齢制限なし)の優勝チームなのであった。今年はメキシコはクラッシックにはエントリーしていないので、マスターズには昨年の優勝メンバーが何人かはいるはずである。
 暗澹たる気分のまま、予選リーグ3試合目へ。。。

|

« 弁護士ワールドカップ初戦 | トップページ | 弁護士ワールドカップ3戦目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/48506442

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士ワールドカップ2戦目:

« 弁護士ワールドカップ初戦 | トップページ | 弁護士ワールドカップ3戦目 »