« ノータイスタイル | トップページ | 読書日記7月14日 »

2010年7月13日 (火)

クマ

 先日穂高ロープウェイに行ったと書いたが、そのときに道で野生のクマを見ていたのを書くのを忘れていた。
 ツキノワグマである。
 まだ小熊であって、こっちは自動車に乗っていたので怖くもなかった。
 カーブを曲がると道をトコトコとクマがこっちにお尻を向けて歩いていて、車中から、「クマや!!」と皆で叫ぶと、「エッ?」という感じでこっちに振り向いて、そのままトコトコと森の中に消えていってしまった。
 その後車内ではクマ談義をしていたのであるが、ヒグマなどは賢くて芸もするし、野生の熊は猟師に追いかけられると、何歩か自分の足跡をたどって戻り、横の藪に飛ぶという技も持っていたりする。
 漁師が後をつけて、クマの足跡がとぎれたところで後ろを振り向くと、クマが「ガオーッ」と攻撃してくるというのである。
 ヒグマは100メートルを7秒で走るというし、30メートルのガケから落ちても平然と歩き出すという頑丈さがあるので、人間がまともに戦える相手ではないが、ツキノワグマは(安全とはとてもいえないが)、まあかわいらしい。

Photo

|

« ノータイスタイル | トップページ | 読書日記7月14日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/48829605

この記事へのトラックバック一覧です: クマ:

« ノータイスタイル | トップページ | 読書日記7月14日 »