« 読書日記7月28日 | トップページ | したり顔で教えるオジサン »

2010年7月29日 (木)

接見室

 被疑者国選弁護制度が始まり、私も何件か受任して接見しているが、警察の接見室が足りない。
 先日も、接見に行ったが、ほかの被疑者の家族が面会に来ていて、その後も別件で詰まっていて、相当待って欲しいといわれた。
 私の接見は事務連絡程度であったので、5分で済むので、警察の担当者にその旨告げて、割り込ませて貰えないか聞いたところ、次の方が譲ってくれてすぐに面会出来た。
 時間は本当に5分程度で済んだ。次の予定が詰まっていて、あまり待ってもいられなかったからである。

 被疑者国選制度が第2段階に突入して、必要的弁護事件にまで対象が拡大されたのであるから、接見が混雑することはわかりきっている話である。
 新しく建てられた警察署には複数接見室があるようだが、全ての警察で複数接見室は確保して欲しいものである。
 司法改革の過程で、制度だけ作ってハードが整っていない分野は接見室の問題もそうだが、裁判官・検察官の増員問題も同様である。人事予算がつかないため、弁護士ばかりが増えている。
 また、裁判官・検察官を増員すると、書記官・事務官、施設も拡充しないといけないことから、予算がないので出来ないということなのである。
 国が司法改革をするといって始めたのであるが、国はその職責を果たしていない。
 合格者を増やしても弁護士ばかりが増えるのであれば、全く意味はない。

 破たんだらけの司法改革である。誰だこんなことはじめたのは。

|

« 読書日記7月28日 | トップページ | したり顔で教えるオジサン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/48952800

この記事へのトラックバック一覧です: 接見室:

« 読書日記7月28日 | トップページ | したり顔で教えるオジサン »