« 読書日記8月16日 | トップページ | 武田信玄(2) »

2010年8月17日 (火)

武田信玄(1)

 武田家は戦国時代の戦国大名であるが、出自が高貴であり(清和源氏である)、守護大名であったので、織田信長などの出来星大名とは家系という意味合いでは釣り合わない。
 武田信玄を描いた作品としては、新田次郎の武田信玄がもっとも有名であろう。

 武田信玄は仏門に帰依してからの名であり、本名は武田晴信である。
 武田信虎がその父であり、父を追放することで甲斐の国主となった。甲斐は今の山梨県である。弟は武田信繁であり、極めて有能な武将であった。後に、この弟は川中島の戦いで戦死する。

 晴信が信虎を追放する理由となったのは、信虎が晴信を疎んじ、優秀な弟の信繁を跡継ぎにしようとした為であり、かつ、信虎は妊婦の腹を割くなど悪逆が耐えなかったことから、国人侍が、信虎を盟主としていただくことを潔しとしなかった為であるなどと言われている。
 信虎は相当勇猛な人であったろうが、国侍としてはあまり盟主が勇猛に過ぎるのも困ったことであったろう。勇猛すぎる盟主はしばしば内政をおろそかにするし、戦争ばかりでは国人侍としても息をつく暇もなかったであろう。
 晴信はどちらかというと幼少の頃から愚鈍に見えたということであるから、多少愚鈍な方が盟主としていただくのには適すると考えた国人が居たとしてもおかしくはない。
 その意味で、私は妊婦の腹を割いたというのは、晴信がクーデーターを起こしたことを正当化するために、ねつ造されたのではないかという疑いを持っている。
 なにしろ情報が今のように流通している時代ではないから、今よりもなお情報をねつ造することは容易であったであろう。
 ただ、後に孫である武田勝頼も、罪人を釜ゆでの刑にして罰するにあたって罪人の家族にその釜の火を焚かせたというような事実からすれば、罪人に対する見せしめで行ったことかも分からない。
 信虎は、今川家に軟禁されるが、今川家としては、愚鈍といわれる晴信が甲斐の国主となった方が、色々と有利であり、場合によれば属国にできると考えていたというようなところもあるであろう。

|

« 読書日記8月16日 | トップページ | 武田信玄(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/49130239

この記事へのトラックバック一覧です: 武田信玄(1):

« 読書日記8月16日 | トップページ | 武田信玄(2) »