« 読書日記8月24日 | トップページ | 川に・・・ »

2010年8月25日 (水)

武田信玄(5)

 信玄は家康と秘密協定を結ぶと、駿河に侵攻し、家康と今川家の領土を分け取りにする。
 駿河は一門の重鎮である穴山梅雪に任せ(それだけ穴山は武田家では重要な家で、梅雪は信玄が死んだ後は自分が一門を継ぐべきと思っていた節がある)、同盟が断絶した北条氏との小競り合いなどを経て、信じられている説によれば、信玄は上洛するため軍勢を率いて甲斐を立った。

 それが、信玄が甲斐を見る最後になろうとは彼自身予想もしなかったのか、あるいは死期を悟っていたのか、そのあたりは史伝がないのでよくわからない。
 甲陽軍艦という書籍による史実が語られるが、甲陽軍艦はどうもうさんくさいところが多々ある。
 ただ、実在しなかったのではと言われた山本勘助が実在の人物であったり(諏訪湖から願文を彫った石が発見された)、虚実ないまぜにしておもしろおかしく語っているのであろう。

 信玄の上洛については以前書いたので、ブログ内を「武田信玄」で検索してくれれば書いてあるので興味のある方は読んでいただきたい(左下の方に検索出来る窓があります)。
 信玄と謙信は、戦が強い天才的武将であったにも関わらず覇業半ばにして若くして死んだというところ、両者が強力なライバルであったところ、川中島の一騎打ち伝説からして日本人の琴線に触れることなどから、今でもコアなファンがいる武将の1人であり、私も嫌いではない。

|

« 読書日記8月24日 | トップページ | 川に・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/49163089

この記事へのトラックバック一覧です: 武田信玄(5):

« 読書日記8月24日 | トップページ | 川に・・・ »