« 川に・・・ | トップページ | 読書日記8月30日 »

2010年8月27日 (金)

運転がうまいと思っているが、実は荒いだけのタクシー

 たまにいるのが、表題のようなタクシー運転手である。
 乗り込むと、アクセルを踏み込んでは放すを繰り返し、前の車との車間距離を詰める。そしてブレーキもよく踏む。やたらハンドルをさばく、というものである。
 運転手は自分が運転しているので、次にどう動くかが分かっているのであろうからどうもないだろうが、後ろに乗っている方としてはたまらない。
 また、得てしてこうした運転手は、「自分は運転がうまい」と思っているから、自分が悪いタクシー運転手であるという自覚もなさそうである。
 そうした運転がしたいのであれば、休みの日に自分の車でしてくれといいたい。
 あるいは、客を乗せて居ないときに好きな運転をすればいい。

 しかし、客を運ぶことが仕事なのであるから、後ろに乗っている客が気分よく目的地に着くことが出来る運転をして欲しいものである。
 後ろに乗っているものとしては、急激なアクセルの踏み込み、放すを繰り返されると、踏み込まれる都度身体が慣性の法則で後ろに持って行かれてつらいし、ブレーキもよく踏まれると同じことがいえる。
 また、車間距離を詰め過ぎられるのも怖い。

 アクセルは一定の力で踏み込んであまりスピードに差がなく、車間距離も適度に取り、ブレーキも柔らかく踏み込むというのがその理想である。
 

 先日、荒いタクシーにたまたま乗った為に、1時間ほど気持ちが悪かったことがあった。
 ぷんぷん。

|

« 川に・・・ | トップページ | 読書日記8月30日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/49188092

この記事へのトラックバック一覧です: 運転がうまいと思っているが、実は荒いだけのタクシー:

« 川に・・・ | トップページ | 読書日記8月30日 »