« アマガエル | トップページ | ツイッター »

2010年9月 1日 (水)

レッドクリフⅠとⅡを見た。

 三国志の赤壁の戦いを描いたレッドクリフを2つ続けて見た。
 感想。
 

 戦いは人数が多く、スケールが大きくて中々迫力がある。しかし、逆にいえばただそれだけの映画である。
 人物に関していえば、
 曹操…曹操は史伝によれば小男でブサイクであったというから、曹操はスケベそうなとこも含めてまあまあか。
 劉備…ただのオッサンであり、君主としての品位のかけらもない。ほぼいいところなし。劉備ファンは怒るであろう。
 孫権…やや線が細いように見えるが、まあまあ。
 諸葛孔明…金城武は二枚目だし、背が高いし、頭が良さそうなので、これは優。
 周喩…美周郎といわれた超二枚目のはずの周喩だが、これはやらされたトニー・レオンがかわいそうである。元々誰が周喩をするかも二転・三転したみたいであるし。
 リン・チーリンは物凄く可愛いし、綺麗である。これくらいが当たり役か。
 趙雲は少し表情が情けないところが残念な感じ。
 関羽と張飛は作り込みがされていて、史実に近い。
 
 筋書きでいえば、
 赤壁において、風向きが変わるまで曹操の出撃をとどまらせるために、小蕎(ショウキョゥ、周喩の妻)が単身曹操の元に行くというのも、史実を無視し過ぎている。
 さらにいえば、戦陣に配下は全て妻子を後方に置いて来ているにも関わらず、事実上の総大将が小蕎を手元においているという事態で、配下は戦う意欲を失ってしまうであろう。
 その点が戦争の基本中のキを無視している点でアウト。
 曹操を殺せるのに、「帰れ」と言って易々と皆が返しているところがあり得ないのでアウトである。

 まあ、映画として話を面白くするためにやむを得ないのであろうが(架空の武将が出てきていたり)、これだけお金をかけたのに、私としては残念な映画であった。

|

« アマガエル | トップページ | ツイッター »

コメント

Ⅰしか観ていませんが、あれはⅡの予告編のように感じました。いよいよ明日は闘いか、とこちらの気分も高揚したところで終りましたしね。
戦場に、妻を連れてきていることに違和感を覚えましたので、先生の「アウト」に、すっきりです。
金城武のみ印象に残りました。賢そうなところが特に。

投稿: | 2010年9月 3日 (金) 02時08分

 本当は1本の映画のはずが、どんどん長くなって、興行的にやむなく2つに分けたそうです。
 だからあんなところでⅠが終わるのでしょうね。
 前線は敗北すれば真っ先に蹂躙されるのですし、女子どもがいるはずもないです。
 映画を面白くするために、時代考証とか設定をムチャクチャにするのは嫌いなんです。

投稿: 中 隆志 | 2010年9月 3日 (金) 12時13分

ああやっぱり、そうだったのですね。
Ⅱは見る気がなくなりました。

投稿: ふなまま | 2010年9月 4日 (土) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/49227670

この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフⅠとⅡを見た。:

« アマガエル | トップページ | ツイッター »