« チラシ、ティッシュ配り | トップページ | 色気のこと »

2010年11月11日 (木)

高利のこと

 高利でもお金が必用であれば人は借りる。その困窮につけ込んで高い金利を約束させることは、日本では歴史的に一定の制限がかけられてきた。
 金利には規制をかけてはいけないとして、金利自由論を述べる人もいるが、実は日本でも一度法律上金利の規制を外したことがある。

 詳しくは忘れたが、確か大正か明治の頃であったと思う。
 その結果、高利にあえぐ人が増大し、社会情勢が一気に悪化した。
 秩父困民党事件は、高利が原因だったと説いている本もあるほどである。

 貸し手と借り手とを比較した時に、借りる側はのどから手が出るほど欲しい。貸す方も商売(違法高利金融を商売と呼んでよいかは疑問があるのだが)であるから貸したいが、要求の度合いからいえば借り手の方が強い。
 その場をしのぐために、必用な現金を手にするために、金利のことまで頭が回らないのである。
 それがためにヤミ金が跳梁跋扈した時代があったし、今でもヤミ金はいる。

 貸金業規制法が本格実施されたが為に、借りることが出来なくなった債務者はヤミ金に走るという予測がされていたが、私が多重債務相談を聞いている実感ではそのような形跡は見受けられない。
 どこかの大学の教授がヤミ金が増加しているというデータを示しているということだが、データは切り取り方によってどのようにも細工出来る場合もあるから、裏付けがあるのかないのか見極める必用がある。

 金利を自由化してもよいという人は、大正の時代とは現代人は知識もあれば能力もあるというのかもしれないが、少し前まで高金利のことを何も知らず支払い続けていた人が過払いになっているという状態に多数あったことを思えば、そのような見解は誤りであることがわかる。

 私は弁護士になってほどなく、この高金利と戦っていく長い戦いに入った男なので、高金利は許せない。
 多数の債務整理事件、過払い事件を受けてきたが、最近はすでに完済した人の過払いもやったりしている。最終に支払ってからある程度の期間にしないと時効の問題はあるが、完済した債務があるのであれば、一度法律相談を受けてみることをおすすめする。
 ただし、テレビコマーシャルや吊り広告を出しているような先はやめた方がいいと思う。

|

« チラシ、ティッシュ配り | トップページ | 色気のこと »

コメント

>>ただし、テレビコマーシャルや吊り広告を出しているような先はやめた方がいいと思う。

私の父親も同じようなことを言ってました。

「派手にテレビや電車の吊り広告で宣伝している事務所の中には金儲け主義の所が沢山ある」
「依頼者と面談もせずに事件処理するような事務所は営利優先の可能性が高いから注意した方がいい」
「弁護士業界ではそういう弁護士は軽蔑されている」

だそうです。一般市民は広告くらいしか弁護士にアクセスする方法はないでしょうし、難しい問題ですね。

投稿: ぎゃーす | 2010年11月11日 (木) 22時11分

 お父上の指摘は正しいと思います。
 最近は各事務所でホームページを出しているところも多いですし、私もそうですが、広告費用をたくさんかけているところがよいかどうかというところはありますね。

投稿: 中 隆志 | 2010年11月15日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/49983988

この記事へのトラックバック一覧です: 高利のこと:

« チラシ、ティッシュ配り | トップページ | 色気のこと »