« システム金融のこと | トップページ | 昔の歌はよかったのか? »

2010年12月 2日 (木)

中々書面が書けないとき

 中々書面が書けないときというのはいろいろ理由がある。
 一つには多忙過ぎて時間がない場合がある。
 おまえはブログは書いているのに裁判所の書面は期限までにかけないではないかという声もあるかもしれないが、私はだいたい期限までには書いている。期限までにかけないのは依頼人の用意が間に合わなかった時などのことであることが多い。
 あと、隙間時間でかける書面とそうでない書面があり、連絡文やこうしたブログは隙間時間の10分などでも書けるが、訴状や準備書面、細かい数字の整理の書面ということになれば、まとまった時間をかけて書かないと書けないものである。

 一つには病気でかけない場合もあるが、これはまあ除外しよう。
 一番多いのは、書きたくても書けない場合であろう。
 これは、事件の筋が悪くて筆が進まないケースもあるが、たいていはスランプであることが多い。
 私も過去に、なぜか書けなくなったことは何回かある。

 そうした場合の脱出法は、とりあえず表題だけでも書くことである。
 表題を書いた後は骨子を書く。そして、血肉を入れていく。
 こうして無理矢理にでも書けば、そのうちスランプを脱出出来たりする。

|

« システム金融のこと | トップページ | 昔の歌はよかったのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/50147890

この記事へのトラックバック一覧です: 中々書面が書けないとき:

« システム金融のこと | トップページ | 昔の歌はよかったのか? »