« 電車の中にて2 | トップページ | 中々書面が書けないとき »

2010年12月 1日 (水)

システム金融のこと

 システム金融というのは、高利のヤミ金融のうち、手形とか小切手を利用して貸金を回収する類型のことをそう呼ぶ。違法金融であることは間違いがない。
 なんでシステム金融と呼ぶかというと、後ろでこうした金融はつながっていて、一社から借りると、次々にファックス等が来て、借り入れを勧誘されるシステムになっているからである。
 昔は、お金を借りると、バッタモンのルイヴィトンのカバンが送られてきて、後で業者と交渉するときには、「貸し金もあるけど、一部はカバンの売買代金やがな」と居直って、高利ではないというようなアホなやりとりをしていたものである。そのため、システム金融にひっかかった人の店には、大量のバッタモン商品が残ることになる。もちろん、ただ同然のくず商品である。
 借りたが最後、不渡りを出すのが怖い経営者は、金をかき集めて、借りた金の数倍、数十倍の返済をせざるを得なくなることが多い。
 当座の現金ほしさに借りたが最後、泥沼にはまるのである。

 だいたい裏でつながっているので、一回しか借りていないところであっても、前の違う名前で貸した分で回収しているので文句をいわないことが多い。ただ、その同一性の確定はなかなか難しいが。
 システム金融については、やり方が分からないとして、敬遠する若手弁護士が多い。
 私はもう何件もやっているので、ノウハウもかなりあるが、一回引き受けると、電話対応が大変なので、同時に何件も受けるということは出来ない。
 たぶんみなノウハウがないのでやらないのであろうと思うので、今度講義をしようかと思っている。
 ノウハウはここでは明かせません。あしからず。

|

« 電車の中にて2 | トップページ | 中々書面が書けないとき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/50147828

この記事へのトラックバック一覧です: システム金融のこと:

« 電車の中にて2 | トップページ | 中々書面が書けないとき »