« 依頼者の遅刻 | トップページ | 雪靴 »

2011年1月26日 (水)

来客中の電話

 来客中に弁護士にかかってきた電話に出るか、どうか。

 私が修習した事務所の先生は、電話に出ていた。
 これは、いつでもつながるという意味では、依頼者にとってはよいことかもしれない。
 しかし、予約をして打合や相談に来ている依頼者からすれば、その間無視されたような状態で待っていなければならず、修習生として見ていて、「出ない方がいいのでは」と思っていた。

 私のボスは、来客中の電話は、よほどのことがないと出なかった。
 これは、やはり目の前の依頼者に集中しているようで、こちらの方がいいと思ったものである。
 しかし、全ての電話をシャットアウトしてしまうと、とてもつながりにくい相手から電話が折り返しかかってきた時などに困ることがある。
 京都ではたいていそうしているようである。

 私は今どうしているかというと、基本的にはつないでもらわないのだが、どうしてもつながりにくい相手から電話があるかもしれない時には、事前に事務局に「●●さんから電話があったら、来客中でもいいのでつないで欲しい」と言っておくようにしている。

 また、来客室から出て話をする。目の前の依頼人の前でほかの事件の話をするのは、守秘義務上も問題かと思うからである。

 逆に、依頼者から目の前でかかってきた電話に出られてしまうこともあるが、基本的には打合をする際には携帯は切っておいて欲しいと思うのである。
 昔は、携帯が普及していなかったので、こんなことはあまりなかったのだが、最近はたまにあり、時代の流れを感じるのである。

|

« 依頼者の遅刻 | トップページ | 雪靴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/50675950

この記事へのトラックバック一覧です: 来客中の電話:

« 依頼者の遅刻 | トップページ | 雪靴 »