« 雪 | トップページ | 読書日記2月28日 »

2011年2月28日 (月)

法学部

 今から思うと、法学部に行ったのは偶然だった。
 高校3年生の時に、担任の先生に、「中君は法学部に行きなさい」といわれ、かつ、「京大を目指せる」といわれて、そんなものかと思って目指すことになったのである。

 まず、当時の学力がどの程度のものか分かっていなかったので、京大を目指せといわれた時に驚いたが、担任がそういうのであるから、目指せるのかと思い、目指しだした。確かZ会の京大コースに入ったような記憶がある。
 あそこで、担任が京大は無理と言っていて、他の大学がいいと言われていたら、17歳の無垢な私はそこを目指していたであろう。

 次に、学部についても、何ら考えのなかった私は、「つぶしがきけばいいか」という程度の認識しかなく、完全な文系の頭であった私は、経済か法学部かという程度の頭しかなかった。
 担任が、なぜ経済ではなく、法学部といったのは未だに謎である。
 そういわれて、「法学部か」と思って京大の法学部を目指して、合格したあとも弁護士になどなれるわけはないと考えていたので、司法試験を目指しますというクラスメイトなどを見て、「すごいなあ」と思っていた程度だったのである。

 それが今は弁護士なのだから、ちょっとしたことで人生は変わるものだと時々思うのだ。

|

« 雪 | トップページ | 読書日記2月28日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/50887796

この記事へのトラックバック一覧です: 法学部:

« 雪 | トップページ | 読書日記2月28日 »