« 中国電力の人 | トップページ | 北部のスギ »

2011年3月22日 (火)

チャリティーマッチ

 3月19日の土曜日は、京都法曹サッカー部、大阪弁護士会サッカー部、兵庫県弁護士会サッカー部、大阪地裁が集まって滋賀県のビックレイクでチャリティーマッチを開催した。
 当日は開会式で東日本大震災の被害者の方々に黙祷を捧げ、選手に募金を募った。
 募金は一日で22万円集めることが出来た。
 これは日本赤十字社に募金予定である。

 経済活動は自粛しなければいけないという意見がある一方で、西日本までが自粛しては、日本経済全体が冷え切ってしまうという意見も根強い。私はやはり、経済活動は行える範囲で行うべきであると思う(ナイターで多くの電力を使用して野球をするのは私も反対である)。
 それぞれが今できることをするしかないとも思う。素人の私がボランティアで被災地にいけるはずもないし、行ったところで足手まといである。ならば募金を集めて、それを専門的機関に有効活用していただくしかないのではないかと思うのである。
 どうすればよいか、すべての人がとまどう中、自衛隊や消防隊のみなさんの行動にもまた、涙があふれる。
 今はただ、それぞれが出来ることをするしかない。

|

« 中国電力の人 | トップページ | 北部のスギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/51181836

この記事へのトラックバック一覧です: チャリティーマッチ:

« 中国電力の人 | トップページ | 北部のスギ »