« 命のメッセージ展 | トップページ | アクセル »

2011年3月 8日 (火)

万年筆

 万年筆を使いはじめて10年近くになる。この間私の不注意で壊した万年筆も多いが、基本的に万年筆は不注意さえなければきわめて長い期間使用出来るから、弁護士で万年筆を使い続ける人が多い人がいることもわかる。

 最初はモンブランの万年筆を事務員さんからお礼として貰って、それを使っていたが、モンブランは書き味が私になじまず、今は休養してもらっている。
 その次にまた事務員さんからバレンタインか何かでもらったのだが、これは紛失してしまった。
 その後、パーカーのデュオフォールドという白地に黒色の模様が入っているタイプを買い、これをずっと使い続けている。これをスーツの胸元に挿して、使い続けてきたが、さすがに膨大な字を書いたためか、1年半前にペン先が壊れたので、同じタイプのものを買い求めて、普段はこれで裁判所でのメモ取りや依頼者とのメモとりに使っている。
 手帳用には、セーラーの超極細のペン先のものを使っている。やや紙に引っかかるのだが、細かい字が書けるのでこれが手放せない。

 デスクワークをするときは、スーツの上着は着ていないので、手帳用の万年筆(ラミーの安いもの)で依頼者との予定などが入るとこれで書き込む。
 事務員に指示を書くときは、今はだいたい2種類である。昔はアウロラのものを使用していたが、あまりにもインク漏れがひどく(私のものがたまたまだったのかもしれないが)、手がいつも青色をしているので今は休養中である。
 一つはセーラーの長刀研ぎというもので、すらすらと滑るように書けるので重宝している。
 しかし、なめらか過ぎて細かい指示を書きにくいので、もう少し細かい指示を書きたい時は、ペリカンのスーベーレーンというものを使っている。
 実はペリカンのペン先は柔らかいので、最初はなじめずあまり使っていなかったのであるが、今はこれが一番お気に入りである。
 時期によって万年筆の好みも変わるようである。

 欲しいと思ってまだ使用していない万年筆がたぶん15本近くあり、生涯をかけても使わないかもしれないと思い出しているが、まあ好きなのであるから、これくらいの趣味は許されるかと自分で思っている(カバンも好きで、すぐに買ってしまい、使わないカバンがため込んであるのと同じである。)。

|

« 命のメッセージ展 | トップページ | アクセル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/51051569

この記事へのトラックバック一覧です: 万年筆:

« 命のメッセージ展 | トップページ | アクセル »