« 読書日記4月7日 | トップページ | 関西カップ結果 »

2011年4月 8日 (金)

ええかげんにせんかい

 先日、裁判に行くと、2ヶ月間が空いていた事件で、前日に長文の準備書面が出て、現場で大量の書証が出た。
 まあ、依頼者が中々用意しないこともあるし、様々な事情でそういうことはままあるので、それはお互いさまだからいい。

 しかし、そういう時は、やはり現場でどさっと出されてもこちらは読めてもいないし、「申し訳ありません。」という態度を取るのが普通である。
 裁判官によっては、怒り出す人もいる。
 検討にどれだけ時間が必要かもとっさには分からないので、こちらも多めの準備期間をもらうことになる。また、予め読む時間があれば、こちらも釈明など気になる点を現場で指摘することも出来る。

 先日の相手方弁護士は、「申し訳ない」という態度をとるでもなく、余計なことばかりべらべらとしゃべって(事件と関係ないこと)、「ええ、ワタクシ、裁判に慣れてるんですのよ。」という態度であった。

 ええかげんにせんかい。

 こういう場合は相手方弁護士に申し訳ないという態度を取るのが普通である。また、裁判は遊びの場ではない。ことさらにケンカをする必要はないが、チャラチャラした態度を取る必要は全くない(裁判官と新年会で交流した時に、私は裁判の時は「怖い」といわれるが、それくらいでよいであろう。酒を飲んでいる時は愉快な隆志君である)。

 期を調べると、まだまだ駆け出しの人であった。
 裁判に慣れていない人ほど、余計なことをべらべらとしゃべり、「慣れている」という風を装うが、あれはみっともない。
 自然体でいいのだ。

|

« 読書日記4月7日 | トップページ | 関西カップ結果 »

コメント

書面の当日提出ありますね。私は数回の期日に連続して当日提出されたので,期日で相手方に注意をしたことがあります。
 注意した次の期日でも当日提出されたのですが・・・・

投稿: 弁護士こぐま | 2011年4月 8日 (金) 09時41分

 普通は裁判官が怒るもんですけどね。
 私も注意もしますし、嫌味もいいますけど、この手の弁護士はそれくらいでは応えないですね。
 最終準備書面を相手が書きたいというので、書く必要もないと考えていた事件でこっちは期日通り出したのですが、相手方からは当日に1頁ほどの手書きの準備書面(しかも、訴状の内容の要約)が出たこともありました。
 本訴請求棄却で、反訴全額認容判決をもらいましたけど。

投稿: 弁護士中隆志 | 2011年4月12日 (火) 18時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/51317606

この記事へのトラックバック一覧です: ええかげんにせんかい:

« 読書日記4月7日 | トップページ | 関西カップ結果 »