« 読書 | トップページ | 読書日記5月16日 »

2011年5月13日 (金)

壁を壊す

 子どもの頃にした最大のいたずらといえば、他人の家の台所のところの壁に穴を空けたことであろうか。
 あまりよく覚えていないが、鉄の棒で一生懸命に壁に穴を空けていたそうである。

 その家の人が、子どもが何かしているということで、ほほえましく見ていると、ゴリゴリと音がして、壁に穴が空いたそうである。前にも書いたかもしれないが。

 故人となっている母方の祖父が、大工仕事が出来た人であったので、平謝りに謝り、祖父が壁をセメントで修理したという記憶であり、その家の壁の穴を塞いだセメントは周囲の壁の色と違っていて、白く、しばらく私が空けたところは明瞭であった。

 そのうち、高速が前を通り、騒音のため窓を空けられないという理由で、冷房を設置するだとか、なんとかでその並びの家は綺麗になっていた。道路公団からお金が出たのだ、というような話を聞かされたが、本当であったかは分からない。

 そのため私が壊したところもなくなってしまったが、子どもは時に分からないことをするものである。

|

« 読書 | トップページ | 読書日記5月16日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/51590409

この記事へのトラックバック一覧です: 壁を壊す:

« 読書 | トップページ | 読書日記5月16日 »