« 英語 | トップページ | かな打ち »

2011年6月23日 (木)

二条駅にて

 先日、北部に行くために二条駅で特急を待っていたら、駅員さんが寄ってきて、「失礼ですが、次の特急でグリーン車に乗られますか」と聞いてきた。
 「はあ」と言うと「京都駅で購入されましたか」とまた質問。その通りだったので、これまた「はあ」と間の抜けた返事をするしかない。切符を見せて欲しいというので切符を見せる。
 何かパソコンのトラブルで、二重に席が販売されたのかともいぶかる。
 まさか新手の詐欺でもあるまいと思っていると、「京都駅で購入された際、窓口のものが誤って、福知山までしかグリーンはないのに、天橋立までグリーン車料金をいただいていました。いますぐ取り替えます。差額をお支払いします」という。

 そして、走って下の方にいき、新しい切符と差額を持ってきてくれた。

 どうしてこういうのが分かるのか不思議であったが、指定席はオンラインで調査とかしているのだろうか。
 それにしても、北近畿タンゴ鉄道との乗り継ぎの切符を買うと、担当者によってはものすごく早く切符を出してくれるのだが、人によっては指定をとれないこともある。前にも同様のことを書いたが。
 きちんと窓口職員を教育して欲しいものである。

 特に私は事件で定期的に北部には行くので、切符を取るときにいちいちイラッとさせられるのはかなんのだ。

|

« 英語 | トップページ | かな打ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/51998563

この記事へのトラックバック一覧です: 二条駅にて:

« 英語 | トップページ | かな打ち »