« 電車の中にて | トップページ | 夏休み »

2011年8月 1日 (月)

 休日に庭で葉巻を吸っていると、雨が降り出した。
 雨は、かなり強く降り出している。

 鳥が、けたたましく鳴いている。
 電線にとまっている鳥が、仲間の鳥に向かって鳴いているようである。

 しばらくして、雨脚が強くなると、鳥たちはどこかにいってしまった。

 鳥もある程度の雨であれば、羽毛が雨をはじくのだろうが、一定の雨あしになると、雨が身体を冷やしてしまうので、どこかに飛んでいくのだろうか、と思った。

 実際のところはどうなのだろう。
  本能で、「これ以上はダメだ」という雨脚があるのだろうか。

 渡り鳥などは雨が来たらどうするのだろうか。雲の上を飛ぶのか。

どうでもいいといえばどうでもいい話である。

|

« 電車の中にて | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/52358127

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 電車の中にて | トップページ | 夏休み »