« 札幌遠征 | トップページ | 読書日記10月3日 »

2011年9月30日 (金)

交通事故事件のノウハウ

 交通事故に関しては損保側は原則していないので、いきおい被害者側ばかりとなる。
 高次脳機能障害に関しては、1級の事件を過去に1件解決し、現在進行形が1件ある。もう1件現在進行形のものがあったが、事情により事件から外れることとなった。
 2級の事案も過去に1件取り扱い、3級の事件も過去に1件ある。
 何件も高次脳機能障害の事案をしていると、少しずつノウハウも蓄積されてくる。

 ノウハウは企業秘密なので教えられないが、ノウハウを知っているということで、共同受任の依頼もある。
 交通事故もかなり専門化してきているため、知っていると知らないとで、結論がかなり変わってくる分野でもある。
 死亡事件でもそうである。
 安易に本人で示談してしまい、後から示談書を見せられて、「数千万円違いますね」ということもざらにある。こちらも、小さいテクニックだが、他の弁護士よりも賠償金を多く取ることの出来るノウハウがある。
 弁護士に相談をすれば、少しでも多く賠償金が取れるケースがあると思うので、被害者は弁護士のところに相談に行かれるべきだと思う。
 ただし、変な弁護士には頼んではいけない。
 費用や見通しについての説明がない、委任契約書を作らないというような弁護士は頼んではいけない。事件の状況について報告がない弁護士も同じである。
 

|

« 札幌遠征 | トップページ | 読書日記10月3日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/52837169

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故事件のノウハウ:

« 札幌遠征 | トップページ | 読書日記10月3日 »