« 交通事故事件のノウハウ | トップページ | 事件の辞任・解任 »

2011年10月 3日 (月)

読書日記10月3日

「雪男は向こうからやってきた」集英社。角幡唯介。
 ツァンポー渓谷を冒険した筆者の新刊。
 雪男の目撃が相次ぐヒマラヤで、実際に見た人のインタビューや、現に探索隊に参加した筆者によるノンフィクション。雪男を探して、ヒマラヤで死亡した人も多数いる。
 本当に雪男はいるのか。それは人間の幻想なのか。
 中々おもしろく、一気に読んだ。

「北のまほろば 街道を行く 41」朝日文庫。司馬遼太郎。
 青森県を中心とした紀行である。
 津軽と南部の確執や、太宰の津軽への思い、棟方志功についてなど、そこにゆかりのある人物を中心として司馬の筆が冴える。

|

« 交通事故事件のノウハウ | トップページ | 事件の辞任・解任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/52870714

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記10月3日:

« 交通事故事件のノウハウ | トップページ | 事件の辞任・解任 »