« 代理人としての節度 | トップページ | いやな相手方代理人 »

2011年10月31日 (月)

読書日記10月31日

「名もなき毒」幻冬舎。宮部みゆき。
 だいぶ前に購入して、読めていなかったのを見つけて(たくさん未読の本があるので、時々忘れてしまう。ハードカバーで買って、読めておらず、文庫版まで買っていることがたまにある)、読んだが、宮部みゆきは本当に小説がうまい。
  ストーリーも情景描写もしつかりしていて、安心して読める。
  内容もとてもおもしろかった。
 推理小説ではないが、一読の価値あり。

「誰か somebody」文春文庫。宮部みゆき。
 名もなき毒と登場人物というか、主人公、設定が同じ物語。
 これもまあまあよかった。

「謙信びいき」PHP。火坂雅志。
 大河の原作で著名になった筆者のエッセイ集。
 司馬遼太郎に比べると、エッセイの中身が薄っぺらく、ほとんど人生の参考になるようなことは書かれていなかった。

 その他、ビジネス書を5~6冊流し読みした。タイトルをあげるのが恥ずかしいので、割愛。

|

« 代理人としての節度 | トップページ | いやな相手方代理人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/53067431

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記10月31日:

« 代理人としての節度 | トップページ | いやな相手方代理人 »