« 読書日記10月3日 | トップページ | 固いチキンラーメン »

2011年10月 4日 (火)

事件の辞任・解任

 事件を引き受けると、そうやすやすと辞任すべきでないことは当然であろう。
 ただ、どうしても依頼者と連絡がつかないとか、言っていることがころころ変わるとか、こちらからすると信頼関係が継続出来ないとして、どうしても辞任せざるを得ない事件もあるにはある。
 まあ、私自身は粘り強く依頼者と連絡をつけようとするし、相対的な件数は少ないといえる。他の弁護士もそうではないかという気がする。

 解任は、弁護士の方が職務上何の問題もないくらい仕事をしていても起こりうることである。
 依頼者の方が甘いことをいう他の弁護士に依頼しようとしたり、甘い言葉で寄ってくる第三者(えてして、こういう人は自分の利益としたいのでいい顔をしてくるのだが)の言葉にだまされてしまっていて、解任されてしまうケースもある。
 依頼者の方と弁護士の方の意思疎通がうまくいかないケースもあるだろう。弁護士サイドに問題があるケースもあれば、依頼者に問題のあるケースもある。
 ただ、どれだけきちんと仕事をしていても、解任されるというのは、いい気はしないものではある。

 

|

« 読書日記10月3日 | トップページ | 固いチキンラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/52870757

この記事へのトラックバック一覧です: 事件の辞任・解任:

« 読書日記10月3日 | トップページ | 固いチキンラーメン »