« 期日のすっぽかし | トップページ | 読書日記10月13日 »

2011年10月12日 (水)

紹介者のない相談・依頼

 昔の弁護士は、紹介がないと事件をやらないのが普通だったようである。
 しかし、紹介者があっても、依頼者に後砂をかけられるようなことをされることもあったということだし、これは私も経験している。紹介者がいると、その依頼者の身元というか、きちんとしているという保証のようなものがあるから受けられるという思いからだろう。
 もちろんそういう側面もあるが、100%そうともいえない。

 私の事務所は、独立した頃から紹介者がなくとも引き受けている。
 もちろん、引き受けるかどうかは、事件の中身にもよるし、費用の折り合いがつくかどうかというところ、かつ、そのときの多忙さというところも関係はしてくる。
 どんな事件でも必ず受けられるという訳ではない。これはどの弁護士もそうであろう。
 逆に、話を聞いて、私という弁護士に頼むのはどうも・・・という依頼者もいてもおかしくない。
 全ての人と合うことは不可能ともいえるからである。やはり相性というのもあるだろう。
 ここ数年、マイベストプロというホームページからの依頼もある程度あるし、そのほかの私の事務所が元々開設しているホームページを見てという依頼もある。そうした事件で、いい解決が出来た事例もあるし、依頼者も大変いい依頼者の方もいる。
 紹介者がないからといって、断るという事務所はいまどの程度あるのだろうという気がしているこのごろである。

|

« 期日のすっぽかし | トップページ | 読書日記10月13日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/52929711

この記事へのトラックバック一覧です: 紹介者のない相談・依頼:

« 期日のすっぽかし | トップページ | 読書日記10月13日 »