« もうすぐ全国法曹サッカー大会 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その1 »

2011年11月18日 (金)

民事の和解にて

 民事の和解で、経済的に再生させてやりたい依頼者の事件を受けていた。
 相手方は中々態度が堅い。

 裁判官は、「和解出来なかったら出来なかったで、仕方ないですよね~」というような軽い態度であった。

 ええかげんにせんかい。

 裁判官にとっては一件の事件で、最高裁の目からしたら早く処理したい事件かもしれないが、その男が経済的に再生出来なければ、その男の家族や、親、その周辺に様々な影響も及ぼすのだ。そうした様々な人間模様を見ている弁護士からすれば、「和解できひんし、仕方ないし」ではすまされないのである。
 もちろん、どうしてもぎりぎりに粘って和解が出来ないことはある。それは、対立する当事者がいる以上、仕方のないこともある。
 しかし、そこに至るまで、どれだけ努力したかで、依頼者も報われることもある。
 和解に対した熱意も見せず、脳天気な声を出してるんちゃうぞ、ホンマ、と多少柄悪くいいたくもなる(いわなかったけど)。

 私が知る素晴らしい裁判官は、どうしようもなさそうな事件でも、熱意をもって、双方の利害を調整して、少しでもいい解決をしようという熱意を持っていた。
 弁護士もいろいろだが、裁判官もいろいろである。

 怒怒怒。

|

« もうすぐ全国法曹サッカー大会 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/53245710

この記事へのトラックバック一覧です: 民事の和解にて:

« もうすぐ全国法曹サッカー大会 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その1 »