« 全国法曹サッカー大会in名古屋その1 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その3 »

2011年11月22日 (火)

全国法曹サッカー大会in名古屋その2

 雨脚が強まる中、キックオフ。スタメンは、トップに大塚、トップ下に私、左サイドハーフに池澤、右サイドハーフに山根木、ダブルボランチに内村、福井。右サイドバックが高橋、センターバックが金、堀池。左サイドバックに山腰、キーパー藤川という布陣である。
 大阪はいつもどおりのサッカーをしようと試みるも、当然雨でパスは通らない。そこを的確につぶしていく京都2のディフェンス陣。私もこの試合では、相手のキーマンの元Jリーガーの選手をある程度マークするという作戦だったので、守備7割、攻撃3割という考えである程度マークをした。
 しかし、さすがに元プロということもあり、身体も大きいが、身体が強く、そして固い。当たると痛いが、このリーグで一位になればベスト8ということで、くらいついて行った。すべて成功したとはいえないが、多少はつぶせたところもあった。

Mini_111120_1927
 あまりピンチらしいピンチもなく、シュートは藤川キーパーのファインセーブが出たりして、失点は0。こちらもカウンターから大塚選手のシュートと、大塚選手のドリブルからコーナーを取ったが、得点には至らず。私の最低限のゲームプランは達成出来たわけであるが、出来れば勝ちたかった。
 しかし、かなり激しい試合であったことは間違いなく、私の左足に入れていたレガースは上のところが削り取られていた。
 写真ではわかりにくいけど。
 スパイクの裏でタックルを受けた時のものだと思われる(別に怪我はしてませんが、レガースからずれていたらと思うとぞっとします)。
 京都2は1ハーフ休める。その間、大阪1は連続で九州選抜と20分1本の試合である。
 大阪1対九州選抜の20分1本の試合開始の笛が吹かれた。
 つづく。

|

« 全国法曹サッカー大会in名古屋その1 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/53294116

この記事へのトラックバック一覧です: 全国法曹サッカー大会in名古屋その2:

« 全国法曹サッカー大会in名古屋その1 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その3 »