« 全国法曹サッカー大会in名古屋その4 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その6 »

2011年11月28日 (月)

全国法曹サッカー大会in名古屋その5

 準決勝が始まる。
 両者一歩も引かない試合内容だったが、こちらの左サイドバックの杉山選手が抜かれ(彼の攻撃力を買って本来センターバックか右サイドバックなのに、左に回したのは私。ゴメン杉山)、ファーサイドにセンタリング。右サイドバックの青野選手のマークが完全に外されていて、ファーに詰めた東京1の選手に先制を許す。
 後半は牧野主将がいうフォーメーションA(京都1の攻撃力最強布陣)に切り替えて怒濤の攻撃。ほとんど相手からは攻められないが、1点が遠い。
 残り時間が少なくなってきたそのとき、MFの高山選手がドリブルでペナルティーエリア内に進入。相手のDFがたまらず高山選手の足を引っかけて倒してしまう。
 これでPK獲得。
 京都1の至宝小沼選手がPKをきっちりと決めて、同点に。
 その後も攻め続けるが、ゴールが遠い。

 結局、タイムアップとなりPK戦へ。
 終了間際、怪我をしていた京都1の聖(セイント)ゴールキーパー池上をPK戦に備えて投入。
 しかし、両者一歩も引かない。
 最終的にPKを獲得した高山選手が相手のキーパーに阻まれ、準決勝で敗退した。
 今年は完全に優勝を狙える実力があったが、PK戦では仕方がない。
 3位決定戦を福岡と戦うこととなった。

 いよいよ、我々京都2マスターズチームの最終戦。伝統の広島戦である。
 24年前に、広島、大阪、京都の3チームで始まったこの大会。
 しかし、今年は広島チームのメンバー表を見ると、60期以降がずらりとならんでいる。
 広島チームは大阪2を2-0で破り、意気軒昂である。
 最終戦、13位・14位決定戦のキックオフを告げる笛が吹かれた。
 しつこくつづく。

|

« 全国法曹サッカー大会in名古屋その4 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/53331876

この記事へのトラックバック一覧です: 全国法曹サッカー大会in名古屋その5:

« 全国法曹サッカー大会in名古屋その4 | トップページ | 全国法曹サッカー大会in名古屋その6 »