« 自動車 | トップページ | 読書日記1月19日 »

2012年1月18日 (水)

電話を一方的にかけてくる弁護士

 私が相手方弁護士にファックスで問い合わせをするとする。
 そうすると、その回答を電話してきて、電話口でつらつらと語り出す弁護士が割合多い。
 これをされると、私はメモを取らないといけなくなる。そして、そのメモをまた文書にして説き起こして、依頼者に説明文を送付することになり、私の手間は2倍となる。

 一方、私が相手方弁護士にファックスで問い合わせをして、相手方弁護士もファックスで帰してくれる場合は、依頼人には、「相手方からはこういう回答が来ているので、どうしましょうか」という程度の連絡文で済む。

 もちろん、電話で直接伝えた方がニュアンスが伝わることもあるが、私は、仕事のやり方としては、相手方が書面でしてきているのであれば、こちらも書面で返すのが筋だと思っている。書面だけでニュアンスが伝わりにくいことだけ、「書面にはこう書いていますけど、まだ幅があります・・・」などと伝えることにすればよいのである。
 相手方弁護士の手間を増やすような仕事のやり方をすることはよくないと思うし、メモを取り違えていたら、後で、「そんな趣旨ではなかった」とか言われかねない。
 そこを狙ってこんなことをしているのであれば、余計にたちが悪い。

|

« 自動車 | トップページ | 読書日記1月19日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/53694603

この記事へのトラックバック一覧です: 電話を一方的にかけてくる弁護士:

« 自動車 | トップページ | 読書日記1月19日 »