« 虚心坦懐 | トップページ | 弁護士の交通事故被害者相談所 »

2012年2月 8日 (水)

依頼者の質、弁護士の質

 弁護士の質が悪くなったという話もあるが、依頼者の質の問題もある。
 弁護士が増えたため、何件も弁護士事務所を回る人がいる。本人によると、「違う弁護士はこういった」というのだが、それが間違っていることもある。
 依頼をしておいて、喉元が過ぎれば、ムチャクチャいってくる依頼者もいる。
 費用も支払わず、新しい相談をしてくる依頼者もいる。
 また、費用の支払いのないまま、連絡が取れなくなる依頼者もいる。
 こういう手合いを見ていると、弁護士の敷居は特別高くないのではないかという気にもなるのだが、世間ではまだまだ敷居が高いようである。

|

« 虚心坦懐 | トップページ | 弁護士の交通事故被害者相談所 »

コメント

「費用も支払わず、新しい相談をしてくる依頼者」は敷居が低いと感じているのでしょうが、「費用の支払いのないまま、連絡が取れなくなる依頼者もいる」ということは、不義理を感じて会いにくいということであり、敷居が高いことになりますね。
何か話の流れが変です。まさか誤用で使用していませんか?

投稿: 一読者 | 2012年2月12日 (日) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/53917641

この記事へのトラックバック一覧です: 依頼者の質、弁護士の質:

« 虚心坦懐 | トップページ | 弁護士の交通事故被害者相談所 »