« 全てを伝える弁護士 | トップページ | 虚心坦懐 »

2012年2月 6日 (月)

宴会の段取り

 宴会の段取りというのは難しい。
 いろいろと企画するが、たいていは企画倒れに終わる。
 宴会の司会をしていると中々苦労することがある。
 司会又は宴会の主催者としての苦労は、

1、話を誰にしてもらうかの決定
 まずこれが難しい。最初の挨拶は誰か、乾杯は誰か、最後の締めは誰かというようなところである。その間に誰に話をしてもらうかも難しい。
 前に出て話をしてもらいすぎると、宴会で、それぞれの席の人はそれを聞いていないといけないので(聞いていない場合もあるにはあるが)、よその席に交流にいけない。
 前に出て話をしてもらう人は、出来るだけ絞り込む方がよいと思われる。
 少し前にあった宴会は、私は主催者ではなかったが、司会がいろいろな人に話を振りすぎた結果、会場の懇親が深められなかったというきらいがあった。

2、余興
 会場を盛り上げるために、主催者が余興を用意することがあるが、たいていの場合失敗する。
 よくあるのは演奏だが、たいてい参加者は「こんなんいらんわ」と思っていることが多い。
 主催者の意向で余興があるのは仕方ないとしても、余興が長すぎる必要はない。
 せいぜい余興は5分程度であろう。
 以前、何かの余興で、始まる前に狂言を見せてもらったことがあったが、これはよかった。
 狂言は時間も短く、内容もわかりやすいし、中々見に行くことが出来ないからである(もちろんやったのはプロの狂言師である)。
 一方、失敗しがちなのは、楽曲である。プロの演奏でもたいていは失敗するものであるので、素人の演奏は正直宴会の参加者からすると、食傷気味になる。せいぜい短い曲を2曲でいいだろう。
 以前、何かの宴会で、クラッシックを長々と演奏されて、2時間宴会場を借り切っていたが、1時間しか食事の時間がなく、怒濤のように料理が出てきたことがあった。
 私はクラッシックもたまには聞くし、事務所でもかけているし、少しはCDも持っているので、クラッシックが嫌いということではないのだが、やはり宴会という場面では、余興は程度問題というところがあるだろう。

 中々盛り上がる宴会を主催するというのは難しいところである。
 

|

« 全てを伝える弁護士 | トップページ | 虚心坦懐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/53868193

この記事へのトラックバック一覧です: 宴会の段取り:

« 全てを伝える弁護士 | トップページ | 虚心坦懐 »