« 読書日記ゴールデンウィークあけ | トップページ | 一人で道ばたで話をする人 »

2012年5月 8日 (火)

提携リースを規制する立法を求めるシンポジウム

 5月12日(土)の14時から17時まで京都弁護士会館にて、表記のシンポジウムが開催される。
 提携悪質リースの被害は後を絶たず、私が事務局長を務める「京都リース被害弁護団」で抱える事件も増加傾向である。
 リース会社は悪質な販売店をいわば手足、自己の営業部門として使用することでリース契約を多数締結し、利益を上げるのだが、訴訟になると、「販売店がしたことは知らない」として、詐欺的な販売行為については、自らの責任を否定する主張をし、また、理解のない裁判官はそうした判決を書いてしまいがちである。
 現在の既存の法の枠組みでも当然勝訴出来るはずであるが、中々裁判所に伝わらない現状を踏まえて、端的に特別法として規制すべきだとして、表記のシンポジウムを開催するものである。
 私もパネルディスカッションのコーディネーターとして出る予定である。
 費用は無料で、事前申込不要(人数があまりに多いと立ち見になりますが)。
 興味のある方は、是非ご参加を。

|

« 読書日記ゴールデンウィークあけ | トップページ | 一人で道ばたで話をする人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/54645220

この記事へのトラックバック一覧です: 提携リースを規制する立法を求めるシンポジウム:

« 読書日記ゴールデンウィークあけ | トップページ | 一人で道ばたで話をする人 »