« 読書日記5月23日 | トップページ | ミスをしたら謝る »

2012年5月24日 (木)

弁護士として当たり前のことを当たり前に

 当たり前のことを当たり前にするということが、プロとしての基本だが、これが実は出来ていない弁護士が多いように思われる。
 相手方であたった弁護士や、たまたま見分した弁護士等々、中には、相手の依頼者が気の毒になる弁護士、このような弁護士を放置しておいてよいのかという弁護士もいる。

 私自身も常に当たり前のことを当たり前にするということを心がけてはいるが、人間であるので、時には気が緩んでいることもある。
 依頼者の話をよく聞き、打合をし、法的に通らないことをいう依頼者を説得し、依頼者の話でつじつまの合わないところの裏取りをし、訴訟を出す前に判例や文献調査をして筋を考えて、依頼者の利益のために譲歩した方がいい場合には譲歩をして解決することを説得し、依頼者の意思を尊重して意思確認をし、事件の進行について依頼者に連絡・報告をして、事件の進め方について協議をし、依頼者や相手方からの連絡には速やかに対応し・・・等々。

 書くのは簡単だが、時にはすることが難しい。しかし、やらねばならない。
 自省の意味も込めて、前にも書いたようなことを書いてみた。

 以上です。

|

« 読書日記5月23日 | トップページ | ミスをしたら謝る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/54740111

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士として当たり前のことを当たり前に:

« 読書日記5月23日 | トップページ | ミスをしたら謝る »