« 今日は派閥の会合も欠席… | トップページ | 迷惑メール »

2012年6月25日 (月)

読書日記6月25日

「苦役列車」新潮文庫。西村賢太。
 芥川賞を受賞した作品で、今度映画化される。早くも文庫化されていたので、読んでみた。
 私にとってはこの著者の作品は一作でいいかなという感じであった。
 彼を高く評価する人にとってはよいのだろうが、私にはあまりその良さは分からなかった。
 まあ、私が文学的素養がないせいかもしれないが。

「極北」中央公論社。マーセル・セロー。村上春樹訳。
 雑誌の書評で絶賛されていたので購入。
 優れた小説には、物語の世界が読み手にものすごいインパクトを与えるものがあるが、これもそうした作品。
 意外な展開が読み手を離さない。
 あらすじを書くとこれから読む人に叱られそうなので、書かない。近未来小説とだけ言っておく。まだ新刊で、ハードカバーしかないので、多少割高ではある。

|

« 今日は派閥の会合も欠席… | トップページ | 迷惑メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164941/55044568

この記事へのトラックバック一覧です: 読書日記6月25日:

« 今日は派閥の会合も欠席… | トップページ | 迷惑メール »